子育てのお役立ち情報を配信中!

子供が「感動できない?しない?」親としてはしてほしいけど・・・

素晴らしい音楽を聴いた時、映画が思わぬハッピーエンドで終わった時、「よかったよね」と思える事が起きた時、私達大人は涙もろくて涙する事があると思います。

 

でも、「うちの子、感動できないみたいで泣かないのよ」と聞く事がありますが、「感動する」ってどういう事を言うのでしょうか?

 

 

感極まって涙する事?

鳥肌が立つ事?

 

 

なかなか表現するのは難しいのですが、大体は「素晴らしい体験をした時の、心を揺さぶられるような感覚」なのかな……と思います。

 

スポンサードリンク

 

 

「できない」のではなく、表現しないだけの場合も

子どもも高学年になると、きれいな物を見ても、悲しい事があっても、素直に感情を表に出さない事が多くなってきます。

 

反抗期に差し掛かった子どもに話しかけても、

 

 

「興味ない」

「だから何?」

 

 

と、寂しい答えが返ってきて、「感情を出さないんだ」という話を聞くことが増えてきます。

 

そういう口調で、まるで感動していないかのように振る舞っていても、よく見るとちょっと涙目になっていたりする姿を見ると、「隠しているだけ」という場合もある気がします。

 

 

幼少期の表現方法とは違ってくる

子どもが小さかった頃、夏休みや春休みにアニメ映画を見に行くと、最後のクライマックスになると涙を流していました。

 

男の子なのに、しゃくりあげている姿は、素直に感情表現をしている姿なんですよね。

 

その姿を見ると親も涙目になるほど、子どもの涙は「親を泣かせる武器」になっていると思います(笑)。

 

成長するにつれ、映画のクライマックスでも泣く事は無くなり、逆に茶化すようになってきました。

 

それでも、思い出してしんみりしている姿を見ると、「素直じゃないなぁ……」と思います。

 

感動した事を表現しなくても、胸に響いているんですね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

いろいろな事を、たくさん経験させよう

きれいなものをきれい、楽しい事を楽しい、嬉しい事を嬉しい……、そう表現できるためには、感情豊かな心を育てる事も必要だと思います。

 

成長していく中で、いつも「普通」ではなく、本当にいろいろな事があります。楽しい事もあれば、悲しい事もある。

 

それら一つ一つの中から、学べる「感情」はたくさんあります。

 

感動的な映画を観て、「よかったね~」というだけで終わるのではなく、どうよかったのか、子どもはどう感じたのかを話し合うと、より心に残る気がします。

 

 

親も恥ずかしがらずに感動しよう

大人になると「照れくさい」という事がありますよね。感動しても涙は見せないとか、ぐっとこらえるとか。

 

親が感動して泣いている姿を見ると、子どもは驚きます。うちの子は、驚いて心配してティッシュを持ってきてくれます(苦笑)。

 

でも、悲しい涙ではなく、テレビを観て「よかった~(涙)」という時には、笑いながらどうよかったのか聞いてきます。

 

大人でも感動して泣く事がある。大人でも感情表現を恥ずかしがらないんだ。

 

まずは、手本を見せる事で、子ども達は素直に感動した事を表現してくれると思います。恥ずかしがらずに、子どもの前で涙を見せてみましょう。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー