子育てのお役立ち情報を配信中!

子供がゲーム機の依存症に!へし折った我が家の克服方法とは?

子供はゲーム機が好きです。大人がストップしないと、いつまでもやり続けようとするため、ゲームとの付き合い方で悩んでいるご家庭も少なくありません。

 

我が家も息子はゲーム依存に近い状態で苦労しています。我が家のゲームにまつわるエピソードをご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

小学低学年はお友達の家で

小学生になると、学校や友達の間でもゲームの話題が出てくるため、子供はゲーム機を欲しがります。親としては、読書やスポーツに興味を持ってほしいと思っていました。

 

しかし、よそのおうちでゲームをさせてもらって、それからゲームを目的にそうしたお宅に、息子が入り浸るようになったこともあり、ゲーム機を持っていなくても、ゲームは依存性が高く、どう付き合うべきか悩んだことがありました。

 

 

3年生からDSを持たてみたところ・・・

そういった苦い経験から、息子専用のゲーム機(ニンテンドーDS)を持たせるようにしましたが、こちらが注意していないと、やはりいつまでもゲームをしていることが多くなりました。

 

家族で食事に出かけた時も、料理が来るまでの少しの時間や移動時間にもゲーム機を出すようになり、手の届くところに置いていると、学校から家に帰ってきたら、宿題もせずにゲームをするようになり、寝る時間が遅くなることもありました。

 

また、約束を守らなかったときの罰として、ゲームを禁止すると、怖いくらいの執着を示し、感情をむき出しにすることも少なくありませんでした。

 

スポンサードリンク

 

 

母親の限界でゲーム機をへし折りました

ゲームがしたい時には、約束や、するべき宿題が終わっていなくても、ゲームを優先することが多くなり、言い訳ばかりする息子に、我慢の限界が来た私はとうとう、DSを子供の目の前でへし折りました。

 

子供はかなりショックを受けていましたが、ママ友からは「よくやった」「我が家も壊せるものなら壊したい」という声がありました。

 

とはいえ、また、ほかのゲーム機を持っているお宅に入り浸ってはいけません。

 

しばらく様子を見て、「ゲームと上手に付き合うのならば、再度購入を検討する」という冷却期間を設けて、息子の出方を見ることにしました。

 

ゲーム機がなくなってから、息子はしばらく、穏やかに過ごしていることが多くて、安心していましたが、ほかのカードゲームなどで、結局カードの受け渡しや、使えなくてもDSのソフトを貸し借りするなど、目に余る行動がちらほらと出てきたのでした。

 

 

個人のゲーム機は持たせないことにする!

主人とよく考えた結果、「ゲーム機は親の所有物である」ため、「使ったら、すぐに親に返す」「約束を破らない」「使う時間は平日1時間、休日2時間」など我が家のルールを決めて、守れなかった場合は、ゲーム機をしばらく没収するというペナルティーをつけることにしました。

 

中学生になった今もこうしたルールは厳守させています。

 

ゲーム機の管理も、決まったところに置くことはやめて、主人が会社に持っていくことにしました。こっそりとゲームを使うことを防止するためです。

 

また、今の問題点として、「勉強時間○時間したら、ゲームをしてよい」というルールを作っていたところ、ゲームをするために、とりあえず○時間、机に座っているということも少なくなかったので、しっかり勉強しているかチェックしてから、ゲーム機を渡すようにしています。

 

自分でゲーム機の管理や時間管理をすることが容易なお子さんだと、ここまでする必要はないかもしれませんが、ゲーム機に振り回されているわが子の場合、こうしたルールはどうしても親主導になりかねません。

 

ゲームも作業や勉強の息抜きに使うと、非常に便利で、選ぶソフトが良ければ、勉強ツールとしても十分使える便利なものです。

 

もし、我が家のようにゲームと子供のあり方で悩んでいるご家庭がある場合、まずは家族間でしっかりとルールを設定することから、ゲームと上手についあっていくことをお勧めします。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー