子育てのお役立ち情報を配信中!

子供に自転車の乗り方を教えたい!練習・教え方の最大のコツとは?

子供の補助なし自転車。4歳くらいから補助なしの自転車を乗る子供もいますが、乗り方を教えるのは結構難しいですね。

 

乗れるようになるまでには個人差がありますが、どうやって教えたらよいのか親からの観点で自分なりの経験を踏まえ、コツを書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

まずは補助付き自転車に乗れるようになる

いきなり補助付き無しの自転車に乗るのはとても難しいので、まずは補助付き自転車で慣れさせることから始めましょう。

 

これで自転車に乗るときのバランスや漕ぐ力を身につけさせます。ここまでは割と簡単にできるようになります。

 

簡単には倒れにくいので子供も怖がらずに挑戦しますので、覚えるのが早いです。4歳位の頃にはできるようになっていると好ましいですね。

 

 

高さにあった自転車で練習させる

小学校に上がったらもう補助なしの自転車に乗れるような体になっています。

 

ですがコツをつかむまではなかなか難しいです。

 

我が家の子供はコツを覚えるのに時間がかかり、しかも私も練習にあまり付き合わなかったので、結局乗れるようになったのは3年生になる頃でした。

 

練習しなかったこともありますが、今考えると自転車が低くバランスが取りにくかったようで余計に覚えにくかったんだと思います。

 

地面に足がちゃんと付き姿勢がきれいに保てる自転車を選ぶことも大事ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

怒らないで褒めて短期集中で一気に覚える

準備ができたらあとは練習あるのみ。ここでやってもらいたいのが“集中して教える”ということ。

 

なんとなく体が覚えてきたのに、間をあけてしまうとまた逆戻りです。

 

一週間で覚える!と期間を決めるのもいいかもしれません。

 

また教えるときに怒るのも逆効果でした。

 

「ちゃんと漕がなきゃ!」「そうじゃない!」とできないことに私がイライラして怒ってばかりでしたので、

 

しだいに子供は怒られてやる気をなくして「乗りたくない・‥」と萎縮してしまっていました。当たり前ですよね(とほほほ・・・)。

 

いっぽう“褒める”ことは子供の自信につながります。「すごい!天才!」と褒めすぎるくらいがちょうど良いのかもしれません。

 

 

まとめ

こちらの動画のように、子供の自転車の乗り方自体はネット上にたくさん紹介されています。


 

ペダルを外して走るようにしてバランスをとる練習や、坂道を下りながらバランスをとる練習。

 

お子さんにあったやり方で色々試してみると良いと思います。

 

 

ですが、一番のキモであるな親の対応の仕方はあまりネット上では載っていませんので、我が家の失敗例を参考にしていただければと思います。

 

我が家は練習する時間の間が空きすぎて、しかも怒ってばっかりだったのでなかなか乗れませんでしたが、乗れるまでの時間に個人差はありますが、子供は練習すれば絶対乗れるようになります。

 

お子さんが頑張って自転車に乗れるようになったら、ケーキでも買って盛大にお祝いしてあげるのも励みになって良いかもしれませんよ。

 

ただし乗れるようになっても転倒などは危険ですので、ヘルメット着用は忘れないようにしてください。

 

ぜひ成功を祈っています!

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー