子育てのお役立ち情報を配信中!

子供の失敗が許せない!そんなママは『頑張り過ぎ』が原因かも!?

「失敗は成功のもと!」ということわざがあるように、失敗から学ぶ場面は多々あります。

 

スポンサードリンク

 

特に小さな子供の失敗は、成長に必要なこと。とは、わかってはいるものの、甘いジュースのコップをひっくり返されたり、お漏らしをしてしまった子供を相手に、ついイライラして叱ってしまうものですよね。

 

私も長女が幼いときには、似たような経験を何度もしています。そんな自分の言動を振り返ると、「ママ自身が頑張り過ぎているのでは!?」と、今になって思うのです。

 

「あの時、こうすれば良かった…」という後悔や、次女のときに「こうして良かった」と思った経験を思い起こし、子供の失敗にどう対処したら良いかをお話したいと思います。

 

 

 

許せないのは「しっかり躾けなくちゃ!」という責任感

特に長女や長男の場合、ママにとっては初めての育児です。

 

子供の失敗が許せない、その裏側には、「きちんと躾けなくちゃ」という、ママ自身が『頑張ろう』とする気持ちがあるように思います。

 

私の周りのママたちを見ていると、立派なママ像、素敵な家庭像、という『イメージ』を大きく持つママこそ、子供への躾には厳しいような気がします。

 

私の場合は、最初から理想像があったわけではありません。

 

ただ、得意のお裁縫や料理を活かし、子供に洋服やお菓子を手作りしていたため、周囲からは、よく「優しそうなママだよね」「いいママだよね」と言われていました。

 

それが度重なり、「優しいママ、いいママでなければいけない」と、どんどん理想像を作り上げ、自分を追い込んでいたような気がします。

 

まさに、「きちんと躾けなくちゃ!」と考えていたのです。

 

 

 

自分の非を認めることが、気持ちに余裕を作ります。

あまりに頑張りすぎ、目尻がつり上がっている自分に気づいたとき、私は『いいママ』とは何かを考えました。

 

家事をしっかりこなし、家の中を常にきちんと片づけることをやめました。

 

それまで、毎日必ずかけていた掃除機を、2日に1回、3日に1回へと減らしました。

 

そうすることで、子供の食べ散らかしに、目尻を釣り上げて怒ることがなくなったのです。

 

また、「ママが失敗したときには注意してね!」と宣言し、子供に対して誤ることを恥だと思わなくなりました。

 

自分の失敗を自分自身が認めることで、子供の失敗も許せる、そんな気持ちの余裕が出来たのです。

 

いいママとは、形ではなく心。子供の心に寄り添うことだと考え直しました。

 

スポンサードリンク

 

 

 

不意な失敗は許し、故意な失敗はきつく叱る!

子供の失敗を許すと言っても、すべてを笑顔で許すわけではありません。私は、次の2つの項目に分けて考えています。

 

【不意な失敗→注意して許す】

ジュースをこぼしてしまった、コップを落として割ってしまった、忘れ物をした等

 

【故意な失敗→理由を聞いて叱る】

人の心に傷を付けた(意地悪・悪口)

 

こう考えると、小さな子供が故意に失敗をすることは、ほとんどないことがわかります。

 

そして、私自身が子供をむやみに叱らなければ、子供自身がお友達など、他人の心に傷を付ける行為は、あまりしないのだということもわかりました。

 

また、失敗をしたときに、まず注意をしたり、理由を聞くというように、叱るまでに段階を踏むことが、自分自身の気持ちを落ち着かせることにもつながったと感じます。

 

 

 

怒ってしまう自分も、許してあげて!

育児こそ、失敗の連続です。感情的になり子供を必要以上に叱ってしまうこともあるでしょう。思うように、自分をコントロールできない時もあります。

 

そんな自分自身を許すことも大切です。

 

子供の失敗を許すために、まずは、自分の失敗を許してみませんか?

 

「人間だから、失敗することがあっても仕方がない!」

 

その考え方が、子供との毎日を、より楽しいものにしてくれるような気がします。

 

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー