子育てのお役立ち情報を配信中!

子供の健康にも良い自家製冷凍食品!3つのおすすめお弁当レシピ!

子供の毎日のお弁当作りにお悩みのママたち。便利な冷凍食品を、冷凍庫に常備しているご家庭も少なくないと思います。

 

スポンサードリンク

 

この冷凍食品、実はとっても不経済。そして、添加物も多く、子供の健康面でも心配ですよね。

 

それならば、『自家製冷凍食品』を作ってみませんか?夕飯の支度ついでや、休日に、まとめて作って冷凍するだけで、毎日のお弁当作りがとても楽になります。

 

さらに、添加物が入らないため、健康に良いのも嬉しいですよね。

 

子供のお弁当のおかずとして、冷凍食品を利用する方が多いメニューの中から、我が家ののお弁当作りで大活躍したレシピをご紹介します。野菜や豆腐を使っていますので、栄養も満点です!

 

 

 

3色野菜とマカロニのカップグラタン(5~7cmアルミカップ約10個分)

【材料】

・にんじん(小)1本

・コーン缶(小) 1缶

・玉ねぎ(小1個)

・枝豆 ひとつかみ

・豆乳 225cc

・小麦粉 25g

・バター 大さじ1弱

・塩コショウ 適量

・とろけるチーズ 適量

 

【作り方】

1.人参は1cmの角切りにし、茹でておきます。コーンは水気を切り、枝豆はさやをから実を取り出しておきます。玉ねぎは薄切りにします。

2.フライパンにバターを熱し、玉葱を炒めます。にんじん、コーン、枝豆を入れてざっとひと混ぜしたら、弱火にして小麦粉を入れ、全体を軽く混ぜます。(粉っぽさが残っていて良い)

3.豆乳を加え、全体をざっと混ぜたら、弱めの中火にして蓋をします。

4.フツフツと端が沸いてきたら、焦がさないように、木べらで全体を混ぜながら加熱します。

5.とろみがついたら火を止め、塩コショウで味をととのえます。

6.カップに入れ、とろけるチーズを乗せた状態で冷凍します。

7.お弁当に入れるときは、凍ったままトースターで6~7分ほど焼いてください。チーズがきつね色に色づいたら出来上がりです!

 

我が家の長女が、よく、「みーんなのお弁当には、グラタンが入っているんだよ!」と言っていたため、作りました。みんなのお弁当に入っている…つまり、市販の冷凍食品です。

 

上記のレシピは、シーフードやウインナー、お肉など、そのときにあるもので中身を変えることができます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

コリコリ和風ミートボール(ひと口サイズ約12個分)

【材料】

・きんぴらゴボウ 適量

・木綿豆腐 150g

・豚ひき肉 150g

・れんこん 150g

・パン粉 カップ1/2

・玉ねぎ(小)1/2個

・顆粒コンソメ 少々

・塩コショウ 少々

・ケチャップ 少々

 

【作り方】

1.玉葱はみじん切りにし、予め炒めて冷ましておきます。

2.ボウルに豆腐を入れ、潰します。

3.豆腐にパン粉を加え、全体にしっとりと落ち着かせます。

4.豚ひき肉と塩コショウ、コンソメを加え、粘りが出るまでよく練ります。

5.きんぴらゴボウと蓮根を、どちらもみじん切りにし、加えて混ぜ合わせます。

6.一口大に丸め、フライパンでコロコロ転がしながら全体に焼き色を付けます。

7.蓋をして5~6分、中まで加熱します。

8.焼いた後はしっかり冷まし、ラップでぴったりと包んで冷凍します。

9.お弁当に入れるときは、前夜から冷蔵庫に入れて解凍してください。一度フライパンで焼き直して、ケチャップ少々を絡めて入れてあげてくださいね。

 

夕飯のきんぴらごぼうが残ったとき、このミートボールを作ってよく冷凍しておきました。歯ごたえも良く、子供がしっかり噛んで食べてくれるので、園児のお弁当にはぴったりです!

 

 

 

おからナゲット(8~10個分)

【材料】

・おから 300g

・絹ごし豆腐 300g

・鶏ガラスープの素 大さじ1.5

・マヨネーズ 大さじ4

・片栗粉 大さじ4

・にんにくのすり下ろし ひとかけ分

・油 適量

 

【作り方】

1.油以外の材料を、すべて混ぜ合わせます。

2.一口大に丸め、油をひいたフライパンで両面を焼きます。

3.冷ましてから、1~2個ずつ、ぴったりとラップに包んで冷凍します。

  1. 冷凍のまま、トースターで5~6分焼いてお弁当に入れることができます。フライパンで焼き直してもOKです!

 

子供が大好きなナゲット。市販のものは着色料が気になり、我が家では手作りが定番でした。

 

おからと豆腐を入れることでヘルシーに、そしてふんわりと仕上がります。ケチャップとマヨネーズを1:2で混ぜたオーロラソースを添えると、なお美味しいですよ!

 

 

 

まとめ

この他、コロッケや卵焼きなど、家庭で作って冷凍できるおかずはたくさんあります。

 

わざわざ、たくさん作って冷凍するなんて面倒!というママは、いつもの夕飯のおかずを多めに作り、そこから、お弁当用にと取り分けて冷凍するのも良いでしょう。

 

自家製冷凍商品は、便利なだけでなく、無添加で安心!小さな子供のお弁当はもちろん、パパや高校生のお兄ちゃん、お姉ちゃん等、家族みんなのお弁当に、ぜひ活用してくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー