子育てのお役立ち情報を配信中!

子供が全然片付けしない!できるようにする教え方の秘訣とは?

子供に「お片付けしなさい!」と言うと、子供は何だか叱られているような気持ちになってしまうのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

「嫌だ!」「え~っ!」と反抗されたり、きちんと片づけができないことでイライラしてしまった経験はありませんか?

子供がいても、いつもキレイに片付いている理想のお家を目指し、子供に教える『片付け』の方法をご紹介します。

 

幼児期のお片付けは、遊びの延長

子供の片付けは、いつから?それは、おもちゃで遊ぶことを覚えたときからです。小さな子供にとって「お片付けは遊びの延長」。

 

そう捉えれば、子供も親も、気負って頑張る必要はありません。例えば、おもちゃの箱を用意したら、ポイポイお片付け競争!お母さんとどちらが早く、沢山入れることができるかな?上手に並べて入れられるかな?等と競争すると楽しくお片付けをすることができますね。

 

このおもちゃはここ、こっちのおもちゃはこっち、と決められた場所に片付けられるかな?という方法も、頭を使いながらお片付け上手に繋がります。箱ごとにイラストを付けてあげると、「難しい」「大変」という気持ちもなくなるでしょう。

 

小学生は、本人の意思も尊重

小学生になると、おもちゃは減るが机の上が物で山積み!!という悩みが出てくるのではないでしょうか。小学生と言えども、まだまだ手助けが必要です。

 

しかし、手紙や日記等、親に見られたくない物もあるはず。また、使いやすい場所や置きたい場所、仕舞い込まず飾りたい物等、本人の意思も尊重しなければなりません。

 

それならば、片付け方・収納の仕方を教えましょう。机の中には牛乳パックで仕切りを作ってあげることで片付けやすくなります。引出は用途事に入れる物を決めると使いやすくなります。頻繁に使う文房具、新しくてまだ使わない物、遊び関係、その他等、仕分けの仕方は本人に決めさせると収納上手になります。

 

スポンサードリンク

 

 

重要ポイント【片付けやすさ】

心ではわかっているのに面倒くさい…となる場合、【片付けやすさ】を考えてみましょう。

 

帰宅後に脱いだジャンバーやカバンは、すぐに架けられる場所にあるでしょうか。お菓子を食べたりティッシュを使った時、ゴミ箱は近くにあると便利ですね。

 

本棚には本が窮屈に詰まっていませんか?子供にとって、窮屈な本棚に本を入れるのは、とても難しいことです。

 

ご家庭によって様々ですが、子供がよく散らかしている物を見て、その子が片付けやすい環境を作ってあげたいですね。

 

大らかな気持ちで!

子供は『片付け』を学んでいる最中です。すぐに完璧に出来ることではありません。躾だからとあまり厳しくせず、大らかな気持ちで見守ることも大切です。

 

1~2個の物が落ちていても注意せず拾って「落ちていたよ」と手渡ししてあげる、出しっぱなしで出かけてしまったら帰宅後どうするかまで待ってみる、もしかしたら「片付けない」のではなく、目の前の新しい事に夢中で忘れているだけかもしれません。

 

片付けが後回しになってしまっても、出来たときには“褒める”ことを忘れたくありません。

 

整理整頓には嬉しいことが沢山

物を片付けると、嬉しいことが沢山あります。

すっきりキレイな部屋は気持ちが良い、物を探さず困ることがない、いつでも快くお友達を招待できる等、幼児期から段階を追って、成長に合わせての片付け方を身に付けられたら良いですね。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー