子育てのお役立ち情報を配信中!

女の子のランドセルは何色がおすすめ!?ママ納得の色選びガイド !

来春に1年生になる女の子を育てているママたちの中には、既に、ランドセル選びを始めている方も、少なくないと思います。

 

スポンサードリンク

 

女の子のランドセルは、今は刺繍が施されたものが主流であり、色も豊富!決して安くないランドセルだからこそ、親としては、飽きずに6年間使ってもらえる色を選びたいですよね。

 

我が家の娘は4年生と6年生ですが、それぞれ茶色と水色という対照的な色を使っています。

 

知識少なく購入した長女の場合と、それなりに情報と経験があって選んだ次女の場合、それぞれの経験を踏まえて、色選びのポイントについてまとめてみました。

 

 

 

可愛らしい色は飽きやすい!

幼い子供が欲しがる色に多いのが、ピンク・水色・パープルといった、淡色系が多いと思います。『可愛らしい色』と言えば、わかりやすいでしょうか。

 

しかし、これらの色を選ぶと、3~4年生頃になれば飽きてしまい、黒や茶など、シックな色にすれば良かった…と後悔してしまう場合が多いのです。

 

現在6年生になる我が家の長女の時代は、クラスの半数ほどが『水色』のランドセルでした。娘が選んだ色も、周囲の影響があってからか、水色です。

 

当時は、ラメ入りのキラキラしたランドセルが、新作として店頭に並んでいました。娘の希望から、即決でラメ入りの水色、そしてピンクの縁取りが施されたものを選びました。

 

ちょうど3年生になった頃です。妹が茶色のランドセルを購入したこともあり、「茶色が良かった、水色は子供っぽくて嫌!」と、ランドセルではなく、リュックを背負って学校に行きたいと言い出したのです。

 

このように、子供にも『可愛らしい色=幼い色』という感覚があるようで、6年間使ってもらうためには、茶系や黒などのシックな色合いを選ぶと良いのだと後悔しました。

 

 

 

子供の欲しい色を買ってあげたい!

しかしながら、実際に使うのは子供自身であり、親ではありません。子供が好きで選んだものを買ってあげるのがいちばんです。

 

では、どうしたら可愛い色の好きな幼い子供が、茶系や黒を喜んで選ぶのでしょう。

これについては、次女のときに、ネット通販を利用したことが良かったと思います。

 

子供を連れて店頭に行くと、たくさんの色のランドセルが並んでいます。どうしても可愛い色が目に入り、ピンクや水色などを選んでしまいがち。その場で、子供に「こっちにしなさい」「飽きるからやめたら?」と言うのは酷な話です。

 

その点、ネット通販を活用すれば、事前に親が選んでおいたものだけを、並べて見せてあげることができます。

 

次女のときも、私が選んだものをいくつかピックアップし、プリントアウトをしたものを娘に見せました。その中から自由に選んでもらい、茶色のランドセルを購入するに至ったのです。

 

ネット通販のもうひとつの魅力は、色だけでなく、刺繍やポケットの形など、細かなパーツまでを丁寧に拡大し、子供に見せてあげられることです。色だけでなく、刺繍のデザインが素敵!ビーズも付いている!という方向に、目を向けやすいのです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

パーツやカバーを可愛いものに!

現在のランドセルは、本体・蓋・縁取り・内布・ポケットなど、それぞれのパーツの色・柄を自分で選び、組み合わせることができます。

 

本体はママが選んだ色でも、縁取りや刺繍などを子供に選ばせてあげるという方法もあります。

 

刺繍については、水が浸透する原因であるという意見もありますね。

 

しかし、実際に刺繍の入ったランドセルを使っている次女の場合でも、中の教科書に影響するほどの浸透は、今までの4年間で一度もありません。

 

また、たとえ黒や茶色のランドセルであっても、『ランドセルカバー』を可愛いピンクや水色で用意することにより、見た目は子供の好みのランドセルに変身させてあげることもできるのです。

 

カバーは1,000~2,000円くらいで様々な柄がありますので、好みで買い替えるのも楽しいかもしれませんね!

 

長女が水色のランドセルを嫌がった頃、私はこの『ランドセルカバー』を、長女の好みで購入しました。表面の水色が隠れ、まるでランドセルに新調したかのような感覚で、6年生になる現在でも使い続けてくれています。

 

 

 

色以外にこだわるべき点

では、気に入った色が見つかれば、決めてしまって良いのでしょうか。いえ、もうひとつ、実は色よりも重視しなければならない点があります。

 

それは、何と言っても『使いやすさ』です。

 

A4のクリアファイルが入る、という点は、ここ数年、着目ポイントのひとつでした。しかし、現在販売されているランドセルは、通常、A4ファイルに対応しています。それほど気にしなくても、大丈夫だと思います。

 

軽さや、背中のクッション性、丈夫さ、これら機能性においては、現在の一般的な価格(3万円~4万円)であれば充分でしょう。

 

テレビCMで有名な物だと、5万円以上する場合もあります。もちろん、機能面は平均以上だと考えて良いでしょう。しかし、本当に必要であるかを考えると、そこまで無理をする必要もないと考えます。

 

まとめると、使いやすさは、平均的な価格の物を選べば、間違いありません。まれに10,000円以下の安価なランドセルもありますが、重すぎたり、縫い目がほつれやすい、角がすり減る等、デメリットが大きく長持ちしない可能性も高くなり、注意した方が良さそうです。

 

 

 

型落ち製品も見逃さないで!

我が家では、長女のときは店頭に行き、30,000円のランドセルを、定価のまま購入しました。

 

次女のときは、ネット通販で購入しましたが、前年度の型落ち製品ということで、50,000円のランドセルを半額で購入することができました。

 

型落ちと言っても、1年の差です。1つ上の学年になる子供たちが使っているもの、そう考えれば、何の問題もありません。もちろん、製品そのものは新品です!

 

『旧モデル』『アウトレット』等で、検索してみるのもおすすめです。

 

 

 

 

慎重に選びましょう

 

豊富にあるランドセルの中から、たったひとつを決めるのは至難の業。慎重に選ぼうと思えば思うほど、時間もかかりますし、ますます迷ってしまうものです。

 

6年間使うものですから、じっくり時間をかけられるよう、早め早めに選び始めることをおすすめします!

 

親子で気に入る、素敵なランドセルに出会えるといいですね!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー