子育てのお役立ち情報を配信中!

子供のお弁当にサンドイッチ!絶対に失敗しない簡単な工夫とアイディア!

子どもの大好きなサンドイッチ。ご飯のお弁当に比べると、小さな子供でも好んで食べやすく、直接手に持てるので、遠足の日にも便利ですよね。

 

しかし、野菜から水分が出てしまったり、切るときに潰れてパンがぺっちゃんこになってしまったりと、失敗も多いものです。

 

実は私も、サンドイッチを作るのは苦手…。どうしても、切るときにパンが潰れてしまうのです。でも、遠足が近づくと、子供が必ず「サンドイッチにして!」と言います。

 

そんな私が作るサンドイッチは、絶対に失敗しないためのこだわりがあります。失敗を繰り返してきた中で生まれた工夫やアイディアを、ぜひご覧ください!

 

 

 

食パンの選び方

ふかふかの柔らかい食パンは、上手に挟み、上手に切らなければ、潰れてしまいやすいものです。

 

スーパーで購入する場合は、大きく分けると、『山型パン』と『角食』の2タイプに分かれます。形を見ればその違いは一目瞭然ですね。

 

山形パンは、生地が発酵する際、また焼く工程の中で、縦に大きく伸びるため、ふんわりと柔らかく、軽さが出るのが特徴です。

一方で角食は、焼き上がるまで型の中に詰め込まれるため、目の詰まった食感が特徴になります。

 

失敗しないパンは、どちらかと言えば角食。山形パンは、切るときにも山部分が大きく残ってしまうため、勿体ないような気もしますね。

 

また、原材料や配合によっても、柔らかさに大きな違いが出ます。これは、パッケージの原材料を見ても、正直、わかりません。

 

ですから私は、使うパンのほとんどは、パン屋さんで購入しています。

 

パン屋さんには、配合の異なる数種類の食パンがありますが、目の詰まった切りやすいパンを教えてもらえば、失敗がありません。

 

また、パンの厚みも大切ですね。

 

サンドイッチ用として売られているものは、1.2~1.3cm。これでは私の場合、出来上がったサンドイッチがぺっちゃんこになってしまいます。

 

ですから、“普通の厚み”(6枚切り)とされる1.5cmで作るようにしています。

 

パン屋さんでは、希望の厚さにスライスしてもらえるので便利です。その場合は、「サンドイッチ用に」ではなく、「普通の厚みに」または「1.5cmに」と伝えるようにしています。

 

 

 

マヨネーズ・バター・スライスチーズが水分をブロック!

朝に作ったサンドイッチが、お昼にはべちゃっとしてしまうことはありませんか?その原因は、野菜や具材から出た水分が、パンに浸み込んでしまうからです。

 

それを防ぐ役目をするのが、マヨネーズやバターです。

 

具にマヨネーズが入ったものであっても、まずはパンにマヨネーズかバターを塗ります。角までしっかりと塗ることで、べちゃっとなりにくくなります。

 

バターは、予め室温に戻しておくことで、パンを潰さず、サッと塗ることができます。

 

また、水分の浸透を慎重に防ぐため、スライスチーズを挟むのもおすすめです。チーズがパンと具材の間に壁を作ってくれます。

 

 

 

野菜の水気はしっかり切る!

子供に人気の具と言えば、卵やツナ、ハムでしょうか。

 

サンドイッチは、水気が大敵だと考えて、卵は固茹でがおすすめです。和えるマヨネーズを入れすぎないよう、注意しましょう。ツナも同様、マヨネーズは少なめにしましょう。

 

レタスを挟む場合は、洗った後にキッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ってください。

 

きゅうりのように、後になって水気が出てくるものもあります。切った後、一度サッと塩を振ります。そうすることで、きゅうりの中の水気が出てくるため、その水分をきっちりと拭き取ってから挟むようにします。

 

スポンサードリンク

 

 

 

水分の出ない具材を使う

卵やツナは、水分が出やすい具材。

それに対して、そのまま使うハムやチーズは、水分が出ません。

 

また、夕飯の残りから、きんぴらごぼうやハンバーグ、チキンカツを使うのもおすすめです。キッチンペーパーで油分をしっかり吸い取ってから挟むようにしましょう。

 

我が家の子供達は、ピーナツバターも大好きでした。市販のピーナツバターを、ただ塗って挟むだけなので、とても簡単ですし、水分が出る心配もありません。

 

 

 

『サンドでパンだ』を使ってカット!

具材を挟んだら、いよいよカットする工程です。

「よく切れる波刃包丁を、お湯で温めて切ると良い」と言いますが、私はパンを抑える手の方にも力が入ってしまい、どうしても上手に切れません。

 

そこで、我が家でとても役立ってくれたのが、『サンドでパンだ』という商品です。パンを潰すことなく、しっかりサンドして、さらに耳まで取り除いてくれるのです。

 

この商品であれば、サンドイッチ用の厚みである食パンでも、上手にカットすることができます。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

サンドでパンだ/10P29Aug16
価格:518円(税込、送料別) (2016/8/30時点)

 

 

出来上がったパンは四角いままですが、持ち歩いても崩れることがなく、とても食べやすいサンドイッチが出来上がります。

 

 

 

巻くのも簡単!ロールサンド

小さい子供であれば、『ロールサンド』も食べやすくておすすめです!

 

作るときは、必ず麺棒を使い、食パンを一度伸ばしてください。ぺたんこに伸ばす必要はありませんが、何もしない状態だと、巻いたときにパンが割れてしまいます。

 

伸ばした食パンには、バター+ジャム、チョコスプレットやピーナツバターなど、水分の少ないものが向いているように感じます。

 

出来上がったら、食べやすいサイズにカットしましょう。ラップに包んで両端にリボンを飾っても可愛らしいですよ!

 

 

 

 

ロールパン&ドッグパンサンドもおすすめ!

 

さて、サンドイッチと言えば、2枚の食パンを使って具材を挟むものを想像されるでしょう。ところが、我が家で最もよく登場するのは、食パンよりも、バターロールやドッグパンを使ったサンドイッチです。

 

ロールパンはスーパーでも手に入りやすいですし、配合によって硬さに違いはあるものの、柔らかくても潰れる心配がないので安心です。

 

ドッグパンは、我が家の近所のスーパーでは手に入らないため、パン屋さんで購入しています。以前は通常サイズ(約15cmほど)しかありませんでしたが、「子供用に」とお願いをして、ハーフサイズを焼いてもらうことができました。

 

それ以来、挟む具材によって、ハーフサイズのドッグパンも、度々注文しています。

 

ロールパンも、ドッグパンも、切り込みを入れた部分に具材を挟むだけなので、とても簡単です!サイズにもよりますが、幼児の場合2~3個で足りると思いますので、具材もそれほどたくさん用意する必要がありません。

 

エビフライ、ウインナー、焼きそばなどを入れると、豪華に見えて子供が喜んでくれます。かぼちゃのサラダは甘さもあり、彩もきれい!栄養もたっぷりです!

 

 

 

ロールパンを可愛らしく切る!

ロールパンを使う場合、通常は上部中央に切り込みを入れますね。

 

その切り方をちょっと変えると、面白いサンドイッチになります。

 

1QCj7

出典:ぺこり

使うバターロールは、少し大きめがおすすめです。2等分にし、それぞれの切り口を下に、端を上に置き、上部に切り込みを入れます。そこに具を挟めば、いつもと少し違った雰囲気のサンドイッチが楽しめます!

 

 

 

 

夏のサンドイッチには保冷材を!

 

サンドイッチにポテトサラダや卵など、和えた物を入れる場合は、とても傷みやすくなります。具は、しっかりと冷やしてから挟むことを忘れないでください。

 

また、保冷効果のあるお弁当バッグや、保冷材を活用して、しっかりと傷み対策をしてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー