子育てのお役立ち情報を配信中!

子供の学校関係のプリントを整理したい!上手に収納する方法とは?

子供が小学生になると、様々なプリント類をもらってきます。学級通信、学校通信、児童館関係、習い事関係、クラブ活動関係。我が家は娘が2人いるので、それぞれ2人分あります。

 

スポンサードリンク

 

一か所にまとめておくと、その中でどこへ行ったのかわからなくなったり、いざという時に「ない!」と困ったり…。

 

また、紛失しないようにと貼っておくと、見た目にゴチャつくのも、嬉しくありません。

 

今回は、ママ友に驚かれるほど、プリントを溜め込むことのない、私の収納方法をご紹介させていただきます!

 

 

 

『子供が保管』・『親が保管』に分ける!

何でも親が保管する、これは、子供にとっても良くない方法だと、私は考えています。

 

子供が保管するものは、時間割だけではありません。

 

例えば、遠足の持ち物が書かれた学級通信や、児童館の行事予定表。クラブ活動の月間予定表。習い事の試験時に必要な受験票や、レッスン時間の変更が書かれたプリントなども、子供に管理させています。

 

保管方法については、次にご紹介します。

 

 

 

子供が保管するプリント

子供が自分で管理すべき事が書かれたプリントでも、まずは私が受け取り、目を通します。

その後で、子供に返し、卓上マットに挟み込んでもらっています。

 

子供自身も常に目に入りますし、私が一度目を通すことで、私の頭にも入ります。また、無くしにくく、確認しやすい、それが卓上マットなのです。

 

また、マットに挟むことで、机の上はいつも片づけておかなければいけません。

 

見えなくなると困る、という意識から、机の上が乱雑に散らかりっぱなし、という状態も避けられているように思います。

 

私は仕事で塾を経営していますが、生徒の中には、「お母さんが言ってくれなかったから、忘れました。」「お母さんが忘れていました。」と、言い訳をする生徒が少なくありません。

 

我が子には、『自分のことは自分で管理する』といった姿勢を忘れずにいてほしい、そう考えています。

 

 

 

親が保管するプリント

一方、私が受け取り管理するプリント類は、私自身に関係のあるもの。主に、保護者宛として発行されたものになります。

 

このようなプリントは、3タイプに分けられます。

 

 

①すぐに処理するもの。

②一時的に保管が必要なもの。

③永久保管したいもの。

 

 

子供から受け取ったら、すぐに①~③いずれかに分け、それぞれに合う方法を使い、その場で片づけてしまいます。この3タイプの処理の仕方、保管の仕方を、順にご紹介していきます。

 

 

 

①後回しにせず、すぐに処理!

すぐに処理するプリントとは、記載すべき事項があり、学校に持たせるものです。こういったプリントは、後回しにせず、その場ですぐに書き込み、子供に渡します。

 

『〇日までに』と、提出期限に余裕があっても、できるだけ早急に処理することで、「忘れていた!」と焦ることがありません。

 

メモ書きしておけば良い!という程度のお知らせプリントもありますよね。これも、その場ですぐに処理します。

 

たとえば、参観日の案内など、場所は学校だとわかっていますし、日時さえ知っておけば良いことです。

 

そのようなプリントは、一時的にでも保管する必要はないと考えます。

 

必要事項のみを手帳、そしてカレンダーに書き込み、プリントそのものは、すぐに資源ゴミコーナーに入れてしまいます。

 

できるだけ、紙媒体は増やさないことが、ゴチャつかせないコツ。

 

そして、行事関係については、家族が目に付くカレンダーと、私が仕事との兼ね合いを管理するための手帳のみで、充分なのです。

 

従い、「とりあえず、とっておいた方が良いかな。」というプリント類は、ほどんど発生しません。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

②一時保管する書類の仕分け方

少し先の行事に関することなど、一時的に保管が必要なものは、100円ショップの『クリップボード』に挟みます。学校用・クラブ用・その他用の3つに分けることで、必要になったときにも探しやすく、とても便利です。

 

クリップボード

出典:100円ショップ商品レビュー日記

 

それぞれのボードには、必要になる日付け(実施日等)の新しいものを手前に、日付け順で挟むようにします。

 

すると、一番手前が、最も近日の行事になりますよね。その行事が終わったら外して処分、次の行事が見えるようになる、というシステムです。

 

以前は、パッと開いて見やすい『ポケットファイル』を使っていたこともありました。

 

しかし、閉じて保管するため、「ついつい忘れていた!」となることもありました。また、ポケットひとつひとつにプリントを入れたり、出したりの作業が、とても面倒でもありました。

 

3つのボードは、それぞれ上部に紐を通し、カレンダーの横に、並べて吊るしておきます。

 

しまい込まず、目に付くようにすることで、忘れることがなくなりました。

 

 

 

③永久保存したいプリントの保管方法

学級通信で、我が子のことが紹介されていたり、先生からの言葉にとても感銘を受けたりすることがあります。

 

そういったプリントは、そのまま処分する気持ちにはなれません。

 

だからと言って、すべての学級通信を保管しておいても、後々目を通すことは滅多にないでしょう。また、収納に場所を取ってしまいますよね。

 

私は、自分専用のスケジュール手帳に、メモ程度の育児日記、自分日記、感じたことや美味しかったもの、気になることや見た映画などを、書き込んでいます。

 

そのページに、気に留まった通信の一部分のみをハサミで切り取り、張り付けるといった方法で保管しています。

 

「〇月〇日学級通信」とメモを残すことで、A4用紙を何枚も保管するより、ずっとスペースを縮小できます。

 

「あの頃は何をしていたかな。」と日記を読み返すときに目に入りますし、専用ボックス等に入れて押し入れにしまい込んでしまうより、ずっと意味のある方法だと自負しています。

 

 

 

年間予定表の管理方法

学校の年間予定表は、とてもサイズが大きいものです。一年中、カレンダーの横などに貼っているお宅もあると思いますが、その予定表を見る頻度は、どれくらいあるでしょう。

 

私は、受け取ってすぐに、我が家に関係のあることについては、すべてカレンダーに書き込んでしまいます。そして、予定表自体は縮小コピーを残して、資源ゴミコーナーへ。

 

縮小コピーした予定表は、私のスケジュール手帳に貼り、カレンダーとの二重管理にしています。そうすることで、カレンダーへの書き落としがあっても、その都度見つけることができます。

 

 

 

溢れさせないようにしよう!

学校からのプリント類は、年間にして何枚になるでしょう。兄弟姉妹がいれば、その分数も多くなり、溜め込んでしまえば溢れるほどたくさん積もります。

 

後になってまとめようと思っていても、なかなか時間は作れないのではないでしょうか。

 

まとめるのは何のため?保存するのは何のため?そう考えると、意外と必要のないプリントも多いものです。

 

子供のテストや作文などは、思い出として残しておきたい方も多いことでしょう。学級通信についてはどうですか?学校通信は?

 

意外とすぐに処分できるプリント類も多く、大きな収納スペースや、いくつもの収納グッズがなくても、片づけられる方法はあるものです。

 

もし、積み上がった書類に困っている方がいれば、自分にとって、我が子にとって、本当に必要なプリントであるか否かをまずは考え、気持ちを整理することから始めてみませんか?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー