子育てのお役立ち情報を配信中!

肉料理が大好きな子供に!ヘルシーで大満足のレシピ4選!

お肉が大好きな子供、多いですよね。野菜が嫌いなのに、お肉は大好き。栄養の偏りが心配されます。

 

スポンサードリンク

 

お肉はたんぱく質が豊富で、子供の体や内臓の発達に、必要な栄養素ではあります。しかし、脂肪分も多く、食べ過ぎは肥満の原因にもなりかねません。

 

我が家の長女は、小さい頃からとにかくお肉が大好き!出来上がった食事を見て、お肉がなければガックリと肩を落とします。反対に、お肉メインの日には大喜びでモリモリ食べる!という状態です。

 

現在もお肉好きは続いていますが、どうしても気になるのが、食べ過ぎによる肥満。

 

見た目には決して太ってはいませんが、内臓脂肪が付いてしまうことも考え、常に『ヘルシー』な肉料理を用意するよう、気を付けています。

 

そんな長女も満足してくれる、我が家のおすすめ肉料理レシピをご紹介します!

 

 

 

茹で豚肉入り生春巻き

【材料】(4~5人分)

・豚薄切り肉 150g

・レタス、きゅうり等の野菜 お好みで

・生春巻きの皮 1袋

・ノンオイルドレッシング 適量

 

【作り方】

  1. 野菜を細切りにします。レタス、きゅうり、ミニトマトなどは生のまま用意し、小松菜、ほうれん草などを使う場合は、さっと茹でます。
  2. 豚肉は細切りにし、茹でて水気を拭いておきます。
  3. 生春巻きの皮を、袋の表示に従いぬるま湯で戻しながら、野菜と豚肉を巻きます。
  4. 巻き終わったら、食べやすく半分にカットしてお皿に盛り付けます。
  5. ドレッシングを付けながら頂きます。

 

生春巻きは、皮1枚に対しての豚肉の量が少なくて済みますが、野菜がたっぷり入っており、よく噛むことを必要とします。そのため、ヘルシーなのに満足しやすい一品です。

 

豚肉はお湯で茹でるので、余計な脂を落とすこともできます。バラ肉よりも、ロースやもも肉がおすすめです。

 

白菜も、生で入れることができますよ!葉を横に3~4等分し、繊維に沿って縦に細切りにすることで、苦味を感じず、シャキシャキと美味しく食べることができます。

 

 

 

鶏ささみの梅肉おかか和え

【材料】(4人分)

・鶏ささみ 3本

・酒 大さじ1

・片栗粉 大さじ2

・梅肉 3個分

・みりん 小1/2

・鰹節(小パック) 1袋

 

【作り方】

  1. 鶏ささみは、そぎ切りにして、酒をまぶし10分ほど置いておきます。
  2. 片栗粉をまぶし付け、沸騰したお湯で3分ほど茹でます。
  3. 茹で上がったら氷水に浸け、余熱からパサつきを過ぎを防ぎます。
  4. 梅肉を包丁で細かくたたき、みりんと鰹節、水気を切ったささみと混ぜ合わせたら完成です!

 

サッパリとした味なので、暑い夏におすすめです。

 

梅は色々な味があるので、お好みで選んでください。子供向けには、あまり酸味や塩分の強くないものが良いかもしれませんね。塩気の強い梅であれば、砂糖を加えたり、梅肉の量を減らすなどして、お好みの味に調節してください。

 

スポンサードリンク

 

 

 

牛こま肉とこんにゃくの甘辛煮

【材料】(4人分)

・牛のこま切れ肉 400g

・つきこんにゃく 300g

・酒 大さじ1

・砂糖 大さじ3

・醤油 大さじ3

・みりん 大さじ2

 

【作り方】

  1. つきこんにゃくと牛肉を鍋に入れる、ひたひたより少し少なめの水を加えます。
  2. 沸騰したら中火にし、アクを取り除きます。
  3. 砂糖を入れ、5分ほど煮込んだら、残りの調味料を加えます。
  4. 煮汁が少し残るくらいまで、落し蓋をして煮込みます。時々、木べらで混ぜてください。
  5. 汁気がほぼなくなったら完成です!

 

こんにゃくがたっぷり入っているので、よく噛むことを必要し、満足しやすいメニューです。そのままおかずとしてはもちろん、ご飯に乗せて丼にも!お弁当のおかずにもぴったりです!

 

 

 

豚肉ともやしのシャキッとナムル風

【材料】(4人分)

・豚薄切り肉 200g

・もやし2袋

・ごま油 大さじ1

・塩こしょう 適量

・和風顆粒だし 小さじ1

・砂糖 大さじ1/2

・酢 大さじ1/2

・にんにくのすり下ろし 小さじ1

・ゴマ 適量

 

【作り方】

  1. 大きなボウルにもやしを入れます。やかんで、たっぷりのお湯を沸騰させます。
  2. 沸いたお湯を、もやしがかぶるくらい、たっぷり入れ、ぴったりとラップで密閉します。10分ほど放置したらザルにあげ、水を切ってください。
  3. フライパンに、にんにくのすり下ろしとごま油の半量を入れ、弱火の遠火で香り立たせます。
  4. にんにくの香りが立ったら、にんにくをもやしのボウルに取り出します。
  5. 細切りにした豚肉を入れて中火で炒めます。炒めた豚肉も、ボウルに取り出します。
  6. ボウルに塩コショウと和風顆粒だし、酢、砂糖、残りのゴマ油とゴマを入れ、全体をざっと混ぜ合わせて完成です。

 

大量のもやしをフライパンで炒めると、水気が出てしまって、なかなか美味しくできません。ご紹介した方法であれば、もやしがシャッキッとした美味しい歯ごたえに出来上がります。

 

もやしの量がたっぷりで、味もしっかり中華風なので、お肉の量が少なくても大満足できる一品です!

 

 

 

工夫しながら子供が食べたがるものを!

子供が、「食べたい!」と言うものを、できるだけ用意してあげたい、私は日頃からそう考えています。

 

しかし、今日は焼肉!ハンバーグ!など、言われるがままのメニュー作り続けていては、子供の健康面が心配になります。

 

そこは、ママの腕の見せ所!少しでもヘルシーになるように、また野菜なども食べられるように、次のような工夫をしています。

 

◆ハンバーグのタネには、おからや豆腐を混ぜ込む。

◆トンカツの衣には、炒ったおからを使う。

◆ルーを使わず、手作りでヘルシーに。

◆お肉は、蒸し料理・茹で料理で油を落とす!

◆使うお肉は赤身の多いものにする。

◆付け合わせの野菜をたっぷりと!千切りキャベツはさっと湯通しすることで食べる量を増やせます!

 

このように、少しの工夫をプラスしながら用意することで、子供も満足して、肥満も防ぐことができます!

 

 

 

まとめ

お肉は、お魚に比べて面倒な下処理が少なく、調理も簡単ですよね。冷凍も効くので、子供が食べたがったらパパッと作れるように、安い時に買っておくと良いでしょう。

 

合わせて、ヘルシーな肉料理レシピも、ストックしておいてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー