子育てのお役立ち情報を配信中!

小学生の子供たちとスマホ!問題を防ぐ効果的なルールとは?

スマホが世の中に出てきてずいぶん経ちますが、現在ではガラケーではなく、スマホ持っている小学生も多くなってきました。

 

スポンサードリンク

 

子ども達がSNSやネット上でのいじめ被害や犯罪に巻き込まれないために、保護者としてどうすればよいのでしょうか?

実体験を交えて、考えてみたいと思います。

 

 

子どもを見守ることができるスマホ

小学校への登下校時、子ども達が事件や事故に巻き込まれたニュースも多いですが、学校へのスマホや携帯の持ち込みは、原則禁止となっています。

防犯ブザーや時計機能が付いていて便利な、キッズケータイも許可なく持ち込みができません。

 

登下校時に所持する事ができないスマホや携帯ですが、小学校高学年にもなると、塾や習い事からの帰りが遅くなるにつれ、持っている子ども達が増えてきます。

 

「子どもが今、どこにいるか」を検索する事ができるし、お買い物に出かけて留守の間でも連絡を取る事ができるので、親も子どもも安心ですよね。

 

このように、離れていても子どもを見守ることができるメリットがあります。

 

調べたい事が手軽に調べられる!

中学受験を控えていたり、各種検定を受検するようになると、「あれ、あの漢字、どう書いたっけ?」などのように、今すぐ調べたくなる事があります。

 

辞書が手の届くところにあればいいのですが、外出先などではスマホやタブレットなどはとても便利です。

 

電子辞書代わりにも使えるし、インターネットにすぐ繋げて色々調べられる事は、子どもにとっても大人にとっても魅力的ですよね。

 

携帯型ゲーム機からスマホへ

スマホが普及される前は、公園や児童館で携帯型ゲーム機を使って遊んでいる子ども達をよく目にしました。

 

最近では、スマホでダウンロードしたアプリを使って会話をしたり、ゲームでの得点を競い合ったりしている姿を目にします。

 

携帯型ゲーム機で通信して遊ぶことも楽しそうですが、スマホでゲームをする事は、持っていない子ども達に話を聞くと、「ちょっと大人っぽくてかっこいい」との事でした。

 

また、スマホを持っている高学年の子ども達が文章をフリック入力する速さは、大人顔負けです。

キッズケータイを卒業して、「スマホが欲しい!」と言い始めるのは、フリック入力をしているお友達の姿を見たのがきっかけになる事が多いようです。

 

スポンサードリンク

 

 

親子で考えたい、スマホの使い方

「スマホって便利だし、楽しめるよ」という事を述べてきましたが、大人になったからこそ分かる、スマホの危険もあります。

 

よく話題になる、SNSを利用したいじめや悪質なインターネットサイトにアクセスしてしまった…などのように、子どもが巻き込まれるトラブルも少なくありません。

 

会話を途中で辞める事ができず、深夜までチャットを続けた事により、睡眠不足気味で登校して、授業中に集中できなくなってきた、という話を聞いた事もあります。

 

子どもが通う小学校でも、「不登校ではないけど、休みがち」という子どもがいます。

保護者会などで親と話をすると、「夜遅くまでSNSでやり取りしてる」と話していました。

 

「親として止めればいいじゃない?」と思いますが、高学年の子どもは簡単に言う事を聞かなくなってきます。

 

ですから、買い与える前に、子どもと一緒に「何時まで使う」「アプリをダウンロードする時には許可を取る」など、思いつく限り書き出して、お互い譲歩できるところまで話し合ってルールを決める事が、とても大切になってくると思います。

 

 

いずれは「あって当たり前」な存在なら、上手に付き合せよう

ポケットベルやPHSが出た時の衝撃を覚えていますか?

「どこにいても連絡が取れる!」「公衆電話が見当たらない!」など、逆に持っていない方が不便になりました。

 

それが今では、携帯からスマホへ姿を変えています。

まだまだ進化するものなのかもしれませんが、「あって当たり前」の世の中を子ども達は生きていきます。

 

「中学校入学を機に購入」という方も少なくありません。

持たせるなら、トラブルに巻き込まれないように気を付ける事を話しあいながら、上手に生活に取り入れていけるようにしたいですね。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー