子育てのお役立ち情報を配信中!

子供がテレビばかり!見過ぎることを防ぐための方法とは?

どんな家庭でもほぼ持っているテレビ。

今や一家に一台ではなく、家族の部屋の数だけテレビがあるなんていう

家庭も珍しくないかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

しかし、なるべく子供にはテレビを1日のうち、

長時間見ることのないように育てたいものですね。

 

5歳と3歳の二人の子供を育て中の私の体験に基づいて、

テレビを見過ぎることを防ぐ方法をご紹介します。

 

テレビによる子供への影響

テレビを見ることによる弊害は、視力が悪くなるなどの

健康的な面ももちろん見過ごせませんが、

 

それだけでなく、子供の心身の成長に非常に大きな悪影響を

もたらすことが数々の研究でわかっています。

 

・テレビをつけっぱなしていることでママと乳幼児の触れ合い(抱っこや語りかけ、会話)が減る

・睡眠中でも脳に届くテレビの音による睡眠の質の低下

・こちらからの投げかけで反応があるわけではなく受動的

・見ている間は一切体を動かさないのに見た後の疲労度が高い

・絵本と違い全てが映像となって目の前で展開されるので想像力が働かない、

音声から言葉のイメージが作れない

 

などなど、これだけ見ても大人以上に子供への影響は大きそうです。

 

テレビがついているのは普通?

よくこんなことを言う人がいます。

「テレビはついているもの」

「テレビがついていないと寂しい」

…何故でしょうか。

 

それは間違いなく、テレビを見て育っているからです。

朝起きればテレビがついており、学校から帰ればついている、

寝るまでついている…

 

ついていることが常の環境で育つと、当然、何もついていない静かな時間の方が

“妙”に感じるかもしれませんね。

 

私は自分の個室にはテレビはありませんでした。

子供の頃からテレビは父親が見る時くらいしかついていませんでした。

 

高校生くらいになってドラマなど見たいものがでてきて、

録画しては夕食前に見たりしていましたが、

基本的に何時間もテレビの前にいることはありませんでした。

 

そのせいか、テレビがついているのはあまり好きではありません。

見たい番組の時だけ見るようにしています。

スポンサードリンク

 

テレビのついていない時間

単純に私がテレビをつけるのが好きでないのと、

子供の目にいかにも悪そうなテレビを見せたくなかったのと、

 

そんなことより子供と何かしたかった想いから、

五歳になる子供を出産してから今も日中ほぼテレビを付けません。

 

ただ子供が好きな番組を週に3つほど毎週録画予約していて、

それを見るために付けます。

後、夫がいる休日の夜は少しつけます。

 

なので、子供もテレビは付いているものではなくて

「見たい時だけ付けるもの」と思っています。

録画していたのが終わると自ら消します。

 

五歳の子は30分の番組を見ると「目が疲れた~」と言います。

そんなことより工作しよ!

塗り絵しーよおっと!

とテレビなどついていなくても、自ら遊びを始めることができます。

 

テレビを消しなさい!

いつまでれ見てるの!

なんて怒鳴ることはほぼありません。

 

付いているものなのか、目的のある時のみ付けるものなのか。

これだけでも随分テレビとの距離の取り方は変わると思います。

 

テレビと上手く付き合う方法

一番良いのはこのように乳幼児の頃からの環境作りだと思いますが、

いつからでもテレビとの付き合い方を変えることはできると思います。

 

まずは見るものが無いのに付けておくことをやめる。

ここから始めましょう。

バックグラウンドTVとよく言われますが百害あって一利なしです。

 

また、食事の時やテレビを見ていない時は布をかけるなどして、

「テレビ閉店」モードを作りましょう。

 

リモコンのボタン一つで身始められる状態より、

なんとなく付ける行動が防げます。

テレビは別にスタンバイしているわけではないのです。

 

もう一つ重要なことは、親がチャンネル権を持つということ。

これは後々大きく育ち親の言うことを

ちょっとやそっとで聞かなくなった時のためにも徹底しましょう。

 

そして子供が我慢しているときは親も、我慢しましょう。

私の子供がよく言います。

「テレビより面白いことしようっと」。

まさに、テレビより面白い、楽しいことをたくさん教えてあげておきたいですね!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー