子育てのお役立ち情報を配信中!

子供と親子一緒に楽しく室内遊び!我が家おすすめはコレ!

お天気が悪くて外に出られない日、子供はついついテレビやゲームに時間を費やしてしまいがちです。それが数日続くと、親はイライラしてしまい、子供もストレスを感じます。

 

スポンサードリンク

 

では、室内で親子が1日を楽しく過ごすためには、どのような遊びが考えられるでしょう。我が家の子供たちが喜んだ遊びを、ご紹介します。

 

 

まず、子供と向き合う時間を作る

家にいると、つい家事をすることに気が回ってしまいます。片付けや洗濯、掃除…せっかく家にいるのだから、出来ることをやっておきたい!と考えてしまいがちですね。

 

ですが、子供としっかり向き合う時間を作ることも大切です。午前・午後のどちらかは家事をし、どちらかは遊ぶと決める。

または、午前・午後それぞれの1時間を子供と過ごすと決めるのも良いでしょう。

 

『家事には目を向けない』と、時間で気持ちを区切ることで、子供と共有する時間を楽しむ事に繋がります。

子供は、限られた時間でも、親が自分の方をしっかり向いてくれていると受け止めてくれます。

また、子供としっかり約束することで、家事の時間は家事に集中させてもらう事ができるでしょう。

 

遊びの提案〔その1〕

我が家でよく取り入れた、子供が喜ぶ遊びの中で、親が体力を使わず比較的疲れない遊びをご紹介します。

 

【工作】

まず、使えそうな材料をたっぷり用意します。不要な厚紙、折り紙、テープとハサミ、色鉛筆、ガムテープ、糊、ビーズやストロー等…

思いつく限りの物を並べます。それらを使い、「好きな物を作ろう!」と提案します。

 

子供達はそれぞれ、試行錯誤をしながら作り始めます。完成させるまでとても楽しそうに夢中になります。

幼児とは違い、手の込んだ物を時間をかけて作ることが出来るのも、小学生ならではです。

 

その時に大切な事は、「まかせる」こと。どんなに雑になろうと、バランスが崩れようと、口を出さず、子供の作りたい様に作らせます。

(要求された時の手助けは必要です)

もうひとつ大切な事は、親も作ること。親が一生懸命作っている物を横目で手本にしながら、子供はどんどん創意工夫を重ねていきます。

また、私自身も子供に返った気持ちになり、つい夢中になってしまいます。

 

「家で使えるもの」「飾れる物」と、幅広いテーマを決めると子供も作りやすいと思います。

クリスマスが近いときには「プレゼントできる物」と決め、お互いの喜ぶ物を考えながら作りました。出来上がった物は、それぞれの個性が見えて面白いです。

 

スポンサードリンク

 

 

【クッキー作り】

私自身がお菓子作りを趣味としているので、クッキーはよく作りました。事前に生地を作り、冷凍しておくと急な室内遊びとしてすぐに対応でき、便利です。

 

 

 

★子供にも作りやすい、クッキー生地の作り方★

バター(常温) 120g

砂糖 80g

卵(常温) 1/2個分

薄力粉 250g

 

 

ハンドミキサーでバターを練り、砂糖を加えてふわっと白っぽくなるまでよく混ぜます。

卵を少量ずつ加えてその都度よく混ぜ、薄力粉をふるい入れてサックリ混ぜます。形を作り、180℃のオーブンで15分焼きます。

 

このレシピの配分は、私が試行錯誤して生み出した、子供が作るのに適する生地です。

捏ねる時の固さも扱いやすく、時間をかけて成形しても焼いたときに広がりにくいのです。また、寝かせる必要がないため、思い立ったらすぐに作ることができます。

 

焼き上げた後の試食は、普段私が作るよりも美味しく感じるようです。おじいちゃん、おばあちゃんやお友達にプレゼントしよう!という目的を持って作るのも良いですね。

 

遊びの提案〔その2〕

次にご紹介するのは、体を使った遊びです。

 

【風船バレー】

食事前や、掃除をした後等、どうしても散らからるのが嫌だという時間帯もありますね。そのような時、私は風船をひとつ用意しました。

この遊びは、よく夫も入り、家族4人で長時間楽しみました。

 

まず、輪になります。風船をバレーのように、落とさないようパスで繋いでいきます。

その時に、回数を数え、何回繋げられるか、最高記録を目指します。誰か1人が落としたら、記録が伸びません。10回できれば、次は20回、30回と、どんどん目標回数を増やします。

柔らかい風船はどこへ飛んでいくかわからず、力加減は大人でも難しいものです。「片手だけ使う」「落としたら罰ゲーム」等のルールを作っても面白く遊べます。

 

私の娘たちは、顔を真っ赤にして汗が流れるくらい、夢中になりました。

風船ですから強く打っても蹴っても、当たって怪我をしたり、物が壊れるという心配もありません。準備も片付けも簡単です。室内で体を動かす遊びとしてはおすすめです。

 

親が楽しい=子供も楽しい

子供と遊ぶことを、『面倒を見る』という義務感で捉えてしまうと、時間が長く感じられたりたり、親自身が楽しめず疲れる…とストレスになってしまいます。

私が提案した遊びでも、工作をすれば散らかりますし、クッキーを作ると生地が床に散らかります。大変だと思ってしまうと負担になります。

 

親の気持ちは子供に伝わります。見方を変えて、親も一緒に楽しむことは、子供の心の成長に繋がるでしょう。

一緒に遊んだ、楽しかったという経験は、きっと良い思い出になるはずです。悪天候でも、天気に負けず、親子で室内遊びを思い切り楽しみましょう。

 

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー