子育てのお役立ち情報を配信中!

幼稚園・保育園に通う時の子供の服装!気温に最適な服の目安とは?

子供はよく体を動かし、新陳代謝が良いので汗もよくかきますね。夏はもちろんのこと、冬でも室内外に限らず体を動かせば汗をかきます。

また、そう予想して薄着をさせたところ、天候の変化により静かな活動に変更される場合もありますね。

 

では、どのような気温にも対応するためには、いったいどのような服を選べば良いのでしょう。

 

私は、北海道に住んでいます。夏は朝夕(登降時間)と日中(活動時間)の気温に差がありますし、冬は室内外の寒暖の差が激しいため、子供の服の選び方にも気を遣いました。

 

気温の変化、様々な活動内容に対応するために私が気を付けていた事、良かった服の選び方をまとめてみました。

私服の園に通う子供のために、また肌着の選び方については私服・制服に関係なく、参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

 

肌着の選び方

特に夏場は、暑いため肌着は着せずTシャツ1枚、という方もいらっしゃいますね。

しかし、Tシャツだけですとお腹が冷えますし、肌着は内臓の保温効果もありますので、出来るだけ着せた方が良いと私は考えています。また、汗をよく吸い取る物を選んであげたいと思います。

 

綿100%の肌着は肌に優しく吸水性は良いですが、速乾性はありません。逆に、ポリエステルの入った肌着は、速乾性はありますが、吸水性は綿にはかないません。

園の活動内で可能であれば、綿の肌着を着て、汗をかいたらこまめに取り替えることが望ましいです。

 

「汗取りパッド」という物が売られていますので、それを活用しても良いでしょう。

私は、身近で「赤ちゃん用」しか手に入らなかったため、フェイスタオルを半分に折ってミシンで縫った物で代用していました。

 

園の活動で汗をかくことが予想される日には、朝から、背中にそのタオルを入れて登園させました。活動の後は、さっと取り外すだけで良いですし、子供が「気持ち良かった!」と喜んでくれました。

 

 

洋服の選び方

気温との関わりから、活動の場に適する服の要点をまとめました。

 

動きやすいズボン

暑い夏、ズボンは蒸れ、スカートは涼しくいので良いと思う方がいるかもしれませんが、やはりズボンが適しています。スカートは肌に触れないため、汗を吸い取りませんね。

 

また、ズボンは夏場、蚊等の虫や、草の刺等から身を守ってくれます。また、冬はスノーズボンを履くこともあるでしょう。その際に、スカートだと中がゴワゴワとして動きにくいものです。

 

気温の変化に対応できる服

夏に半袖、半ズボンのみで登園させると、急な気温の変化に対応できません。心配な時は、カーティガンやパーカー等、簡単に羽織れる物が1枚あると便利です。

 

冬に暑いトレーナーやセーターを着せると、活動で体が熱くなった時に困ります。すぐに脱げるよう、中には薄手の長袖Tシャツまたは半袖を1枚着せておくと良いと思います。

厚手の服を1枚着るよりも、薄手の服を数枚重ねた方が、保温効果はあるそうです。

 

着脱できる服

子供が暑い・寒いと感じても、自分で着脱できる服が良いですね。前開きでファスナーだと、比較的小さな子供でも自分で出来ます。ボタンは練習して、出来るようになってからにしましょう。

 

上下が分かれたもの

最近は、おしゃれな“つなぎ”や“オーバーオール”を着ている子も見かけます。肌着を取り替えたい時は、子供にとって非常に面倒ですので控えましょう。

 

スポンサードリンク

 

限られた中で『おしゃれ』に着こなす

3歳くらいになると、好き嫌いがはっきりし、「自分で着る服は自分で選ぶ!」と親の意向通りに行かない場合もあります。女の子はおしゃれに興味を持つのが早い子もいますよね。

我が家の次女も、季節に関係なくスカートを履きたがったため、毎朝、とても困りました。

 

子供の意思を尊重し、好きな服を選ばせてあげたい…しかし、選ぶ服が原因で、子供が寒い・暑いと困ったり、風邪を引いてしまうこともあります。

普段から、可愛いからという理由だけで購入するのではなく、園にも着て行けるように考慮して購入すると良いですね。

 

我が家の場合は、一緒に買いに行った場でもめるの事は避けたかったので、私が選んで購入していました。子供が一緒に洋服売り場に行くようになったのは、小学生になってからです。

ズボンが嫌であれば、スカッツという、ズボンの上にスカートを重ねたようなデザインもありますし、ワンピースが着たければ、ズボンの上にチュニック丈の洋服を着せれば満足させる事もできます。

 

また、タイツよりスパッツの方が着脱もしやすいですね。ある中から選んで、上手に可愛らしく着こなすことも、『おしゃれ』です。

 

その場に相応しい服装

小さな頃からおしゃれを楽しむことは、決して悪いことはありません。しかし、場所と雰囲気、目的に相応しい服装があることも一緒に教えて行きたいですね。

 

雨の日に『長靴は格好悪い!』と言って水の浸みるスニーカーを履く小学生、冬なのに『オシャレだから!』と素足を出して歩く高校生。

また、ここは北海道ですが、中学生が『かっこいいから』という理由で、夏用のローファーを履いて雪道を歩くという困った保護者の話も聞いたことがあります。

 

気温、季節に合った着こなしは理由があってのことであり、それに反することをすれば危険を伴う場合もあります。

幼児はまだ、大人のように、先の危険や、どうすれば困るかという予測ができません。小学生になるに向け、少しずつ考えられるようになって欲しいと思います。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー