子育てのお役立ち情報を配信中!

子供が友達の家へ遊びに行く時!手土産にお菓子は持たせるべき?!

小学生になると、子供たちは学校で約束をし、帰宅したら遊びに行くことが増えますね。その際、おやつを持って行く、行かないで頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。

 

また逆の場合、毎回のように持って来てくれる相手の子供から、受け取る、受け取らないでどうしたら良いのか困っている方も、きっと多いと思います。

持たせる側は、回数が多いと経済的に負担にもなりますね。

 

では、どのように対処したら良いのでしょうか。私も長女が1年生に上がった頃は戸惑っていました。子供が4年生になった今だから言える、本音と経験を、お話ししたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

初めは持たせるべきです!

初めてお邪魔するご家庭には、何かしらの手土産を持たせるようにするのが妥当だと思います。それは、相手のご両親に対し、「よろしくお願いします。」「仲良くしてください」と言う意味を込めての礼儀である、と私は考えます。

 

子供を送って行く場合は、玄関に立ち寄ってひと言挨拶をして、親から手渡すと、相手に顔も覚えてもらえますし、玄関先からでも相手の家庭の雰囲気が見えるので、安心できます。

私がとても印象に残っているのは、手作りのおやつを、とても簡単にアルミホイルに包んで持たせてくれたご家庭です。

 

『お邪魔させていただき、ありがとうございます。学校から帰宅したらと思って作ったおやつです。少しですが、宜しければ召し上がってください。』という内容のお手紙が添えられていました。

 

気を遣いすぎるような、畏まった包みではなかったので、遠慮なく受け取る事ができましたし、子供に手作りのおやつを用意して帰宅を待っているようなお母さんなのだ、という様子が伺えたので、喜んで今後ともお付き合いしたいと感じました。

 

お手紙を添える際には、「何かありましたらご連絡ください」とメールアドレスを記載すると、大抵のお母さんはすぐに「ご馳走様です。」と返信をしてくれます。そこから、ママ友としての付き合いが始まったり、次に子供が遊びに行くときの連絡が取れやすくなります。

 

2回目以降は…

最初に一度お土産を持たせたら、次からは、毎回の必要はないと考えます。相手にも気を遣わせることになりますし、毎回毎回…では、持たせないわけにはいかなくなります。

 

数回に1回持たせるとか、たまたま頂きものがあって…と持たせる程度で良いでしょう。

 

経済的負担になるのは、遊びに来る側の家庭です。お互いに気を遣わずに済ませるためにも、片方の家に偏らず、お邪魔したら次は来てもらったりと、平均に約束が出来ると良いですね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

おやつの内容は?!

では、遊びに行くときに持たせるおやつは、どのような物が良いでしょう。

 

一度、我が家に来たお友達が、ざっと計算して1500円くらいだと思われる大量のおやつを持って来たことがあります。子供達で食べられるはずはなく、お返しするのも失礼だと思いましたので、どうしたら良いか考えました。

 

その時は、中から数種類のおやつを子供たちに出し、開封して残った文は小分けにして分けて持たせました。未開封の物は、「次は何も持って来ないでね」と言って、残しておきました。持たせる量も、考えるべきだと実感した出来事でした。

 

大抵は、遊んでいる最中に食べる物だと考えましょう。ですから、高価な菓子折り等は一切必要ありません。子供が普段、自宅で食べているようなおやつで良いのです。

 

スナック菓子やジュースを、値段にすると300円程度で良いと思います。数人が集まる場合は、それぞれが持ち寄る事もありますので、あまりに沢山持たせると、夕飯が入らなくなってしまったり、返って相手の負担になることもあります。

 

手作りのおやつがある場合は、子供達の分と、相手のご家族の口に入る分を持たせると喜ばれるでしょう。

 

おやつの引き出し

我が家には、子供が自分で管理する『おやつの引き出し』があります。何かの集まりで頂いたおやつ、おじぃちゃん、おばぁちゃん、友達から貰ったおやつ、自分のお小遣いで買ったおやつ、何かのご褒美であげたおやつを入れる引き出しです。

子供が、どうしてもおやつを持って行きたいのに、私が用意しなかった時には、自分の引き出しから持って行くようにしています。例えば、公園に行く際には、手土産の心配はいりませんね。そのような時に、子供達は公園で食べたいから!と、自分の引き出しから選んで持って行くこともあります。

 

しかし、食べてしまい、おやつが少なくなったからと言って、私が入れてあげる事は滅多にありません。なくなりそう…と思えば、食べないように我慢します。

 

たくさん溜まれば、友達と遊ぶ際に自由に持って行く事ができます。自分で自由に決められる事があるのは、子供も嬉しいですし、自己管理能力が身に付く事にも繋がると思っています。

 

 

周囲の親同士で、きちんと話し合いましょう

最近は、親が手土産を持たせるご家庭が多いため、子供自身も、持って行くのが当たり前だと思っている場合が多いのではないでしょうか。おやつがない時に、お小遣いをこっそり持ち出して、途中で買って行ったという話を聞いたことがあります。

 

お小遣いが足りなくなった時に、その子供はどうするのでしょう。みんながおやつを持って来るのに、自分だけ持って行かない子供の気持ちはどうでしょう。

 

普段から、周囲の親同士でコミュニケーションを取り、子供とも「持って行く・行かない」について話し合う必要があるのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー