子育てのお役立ち情報を配信中!

子供に日焼け止めは必要!我が家のおすすめ商品はコレ!

子供は室内で静かに遊ぶより、元気に外で遊ぶ方が健康的ですね。しかし、オゾン層の破壊が進み、直射日光に当たるのは心配でもありますね。だからと言って、暑い夏に長袖を着せるのは子供も嫌がりますし、外遊びをさせないわけにも行きません。

 

そうなると、「日焼け止め」を塗ることで対処しようと考える方も多いと思います。

直接肌に塗る物ですから、あまり刺激の強い物は避けたいですね。

 

そのような方に、我が家の子供達が使っている、安心・安全な日焼け止めクリームをご紹介します!また、子供にとっての日焼け止めの必要性や、日焼け止め以外に紫外線を避けることの出来る便利グッズをご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

日焼け止めの必要性

子供は、大人に比べると皮膚も薄いですし、肌も弱いです。ですから、紫外線を直接肌に浴びることは、できるだけ避ける必要はあると考えます。

 

ひと昔前は、赤ちゃんには日光浴をさせましょう!と、母子手帳にも記載がありました。しかし、地球温暖化が原因でオゾン層が破壊され、紫外線から受ける刺激が肌へ悪影響を及ぼすことがわかってからは、「日光浴」ではなく「外気浴」という言葉になりました。

 

日光には当たらず、外の空気に触れる程度にしましょう、という事です。長時間紫外線に当たることで日光湿疹が出たり、大人になってからの皮膚病の原因を生み出す可能性もあるのです。また、子供は外で過ごす時間が大人よりも多く、18歳までに人生の半分の紫外線を浴びる確率が高いとも言われています。

 

現在は、紫外線を避けるようにとの意見が一般的になり、ドラッグストアでも子供用の日焼け止めが目につくようになりました。

 

 

オススメの日焼け止めクリーム

日焼け止めは肌に直接塗る物ですから、できるだけ子供の肌に負担をかけない安心、安全な成分の物を選んでほしいと思います。身近で手に入りやすい、安価な日焼け止めの成分は、子供用と書かれていても大人用と変わりません。

 

化学合成物質が多く含まれており、特に肌の弱い子供には、おすすめ出来ない物が多いので、購入する際には気を付けるようにしましょう。

 

調べたところによりますと、ネット通販でも沢山の“オーガニック”と記載された日焼け止めが販売されています。しかし、成分をよく見ると、外国製の物は比較的、保存料や香料が使われている物が多くあります。

 

日本製でも、“オーガニック”と記載された商品は価格が2000円~3000円が相場で、非常に高価になってしまいます。

 

我が家の子供達にも使っているオススメの日焼け止めは、天然成分で作られており、無添加、無着色、無香料の商品です。娘たちも肌が弱く、刺激の強い物は痒がったり、トラブルの元になります。その子供達が使って問題のなかった商品をご紹介します。

 

◆パックスナチュロンUVクリーム(太陽油脂株式会社)

大人の化粧下地としても使えます。我が家では、子供の体に使っています。

 

◆パックスベビーUVクリーム(太陽油脂株式会社)

乾燥しがちな赤ちゃんの肌を守る保湿成分が配合されたクリームです。赤ちゃん用ということで、我が家では、子供の顔に使っています。

 

◆Mmark 日焼け止めローション(松山油脂株式会社)

こちらも、子供の体に使います。パックスシリーズに比べると、クリームではなく液体である分、付け心地が気持ち良い商品です。

 

この3つの商品は、どれも価格が500円~800円程度と、お手頃です。紫外線をカットする効果は必要以上に高くありませんので、肌への負担も少なく、また石鹸で洗い流すことが出来るのも良い点です。

 

ただ、石鹸で洗い流せるということは、汗をかくと落ちやすいというデメリットがあります。度々、塗り直す手間は必要ですが、成分が強すぎない事では安心なので、子供にはぜひおすすめしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

 

紫外線を避ける、その他のグッズ!

【アームカバー】

ここ数年、おしゃれのひとつとして流行している物に、アームカバーがあります。子供用サイズも出回っていますので、夏の紫外線対策にはおすすめです。

 

【サングラス】

実は、見落とされがちなのが“目”です。眼球が紫外線を浴びる率は高く、大人になってからの白内障を引き起こす原因になります。UVカットのサングラスには、子供用の可愛いデザインの物も多くありますので、子供も喜んで付けてくれます。

 

【UVカットウエア・UVカット帽子】

何の対策も出来ない洋服を着ていると、体全体に紫外線を浴び放題と言っても過言ではありません。薄手で軽い商品もありますので、炎天下の下では、ぜひUVカット商品を身に付けることをおすすめします。

 

『エポカル』というホームページでは、紫外線カット率96~99%以上という子供向けウエアも扱われています。

 

 

子供こそ、日焼け止め対策を!

大人になると、特に女性は、肌に影響がないようにと日焼け止め対策をしますね。しかし、子供にはその知識はありません。子供の頃の日焼け止め対策が、大人になってからの肌の質を作ると言っても過言ではありません。

 

自分自身と同じように…いえ、自分以上に子供の肌には敏感になり、紫外線対策を心がけて頂きたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー