子育てのお役立ち情報を配信中!

兄弟が仲良くないけど仲良くなるの?親の対応方法も!

我が家は上が13歳の男子、下が3歳の女子という年齢差と性差のため、兄弟というよりも、一人っ子が二人いるような感覚で、お互いがわがままに育っています。

 

スポンサードリンク

 

一人っ子時代が長かった息子は、兄弟がほしいと思っていたけれど、自分の思い通りにならないことも増え、不満が多いです。

 

また、下の娘はやんちゃ盛りで、気が強いです。

 

いつも顔を見合わせるとイライラしている二人ですが、やっぱり兄弟っていいなと思わせるような瞬間もあるのです。

 

 

喧嘩のきっかけは、いつも些細なこと

息子はよその小さな子供の面倒を見るのは、なぜか得意なので、「10歳も離れていると面倒をみてくれるでしょう?」と周囲にもよく言われます。

 

ところが家では、自分の座る位置の取り合い、お菓子の取り合い、手が当たっただの、本当に些細なことで、二人ともイライラしています。

 

娘は気が強いので、10歳上の兄にも構わず、本気でぶつかっていくし、憎まれ口も叩きます。10歳上とはいえ、ただでさえ反抗期真っただ中の息子です。

 

イライラしている時には10歳下の妹にも余計なことを言うし、叩かれれば、叩き返すという幼稚さ。

 

毎日、娘が「○○(兄の名前を呼び捨て)だめー!いーだ!」と言いながら、大泣きしています。言いたくないけど私も「お兄ちゃんだから、我慢しなさい」と言ってしまいます。

 

 

お兄ちゃんは我慢することが多い

ずっと一人っ子で育ってきた息子は、妹ができてからは、今まで自分の思い通りにできたことも、妹に振り回されることも少なくありません。

 

娘は喘息の持病があり、もう6回も入院を繰り返しています。入院は長い時で2週間近くに及ぶこともありました。

 

入院の付き添いは、私か主人のどちらか一方がしていますが、仕事帰りによって交代して帰ることもあります。そのため息子が家に帰ってきて、夜遅くまで、一人で夕飯も我慢して待っていることも少なくありませんでした。

 

特に、冬の夜は長く、エアコンを入れていても人がいない部屋というのは、寒くて寂しいものです。小学高学年から塾に行って、暗い部屋に帰ってくると言う経験もしていました。

 

普段は喧嘩ばかりしていても、さすがに「○○はどんな具合?」「僕はお見舞い行けないの?」と心配そうです。(※感染症予防のため、15歳以下は病棟に入れません)

 

退院した時は、「○○帰ってきた?」「よかったね~」と嬉しそうにしていました。

 

普段は喧嘩ばかりしていますが、本当はお互いの存在を気にしているようです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

兄を頼る妹

ある朝、私と主人が意見の食い違いから、口論になりました。家庭の中の雰囲気は、最悪です。

 

そんな時は息子が「○○ちゃん、あっちに行こう」と娘を連れて、違う部屋に行き、おむつを替えて、着替えもさせて、保育園に行く準備もしてくれていました。

 

普段はそんな風に、娘の世話をしたことのない彼が、意外と慣れた手つきでイクメンしているではありませんか。娘もそんな兄に素直に従っています。

 

いつもは仲が悪い二人ですが、いざとなった時には、きっと本能的に仲良くしないといけないということがわかっているのでしょう。

 

娘はこうした出来事があってから、兄が勉強をしている時には自分もノートと鉛筆を出して「勉強する」と言って兄の真似をしたりして、なにか困った時には妹から「○○、できないよ」と兄を頼るようにもなってきました。

 

 

親も長子の我慢と努力を認めることが解決策

私も兄として妹の世話をしてくれた時は「助かった、あなたがいてくれてよかった」というようにして、「妹について我慢していることがある」「妹の世話をした」という気持ちを尊重するようにしています。

 

主人は「中学生だから」「年上だから」と我慢させたりすることも多いですが、中学生はまだ子供の部分も大きく、「認めてほしい」という気持ちが強いものです。

 

年齢が離れていたり、性差があったりする場合、分け隔てなく育てるのは簡単なことではないかもしれません。

 

私は、「私が息子を認める」ことが「息子が妹を認める」ということにもつながっているように感じています。

 

親に認められると息子も自然と妹に対して、優しくなったり、妹に譲ることができるようになったりするように感じます。

 

親が長子の我慢している気持ちを認めることが、兄弟仲良くなる解決策だと思っています。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー