子育てのお役立ち情報を配信中!

子供が水泳を習うメリットとは?基礎体力や喘息への効果も?

子供に習わせたいお稽古トップ10に必ず入っている水泳教室。習わせたいけれど、何となく躊躇するご家庭も少なくありません。

 

スポンサードリンク

 

息子は年少から小学校4年生までスイミングを習いました。その経験を基にスイミングを習うメリットをお伝えしていきます。

 

はじめはお友達に誘われて

スイミングを習い始めたきっかけは、ママ友に誘われて、新設したコナミスポーツに通い始めたことがきっかけでした。

 

コナミスポーツは、体操教室と水泳教室を両方、または片方を選んで通うことが可能です。例えば、皮膚炎などで1か月ほど水泳を休みたい時も事前にお伝えしておけば、退会せず体操教室に通わせることができるのです。

 

最初は仲良しのお友達に誘われて始めたスイミング。顔付けや潜るということが苦手で、苦戦していましたが、水に慣れてくると楽しんで教室に通うようになりました。

 

コナミスポーツは自宅からは少し遠いせいもあり、3年程に通いましたが、その後近くの地元のスイミングスクールに移ることにしました。

 

水泳の授業が怖くなくなる

保育園や幼稚園では、水遊びや水に慣れるというところをメインに、夏の保育に水泳を取り入れるところがほとんどで、その時にはあまり技術的なところは関係ないと思います。

 

ところが、小学生に上がると、クラス内でも泳げる子と泳げない子でランクをつけて、授業があるため、子供自身、水泳の授業が苦手になる子も少なくありません。

 

そもそもオリンピック選手にしたいというような夢もなく、体が丈夫になればいいといった程度で始めた水泳教室でしたので、

 

こうした学校の授業では、息子は「泳げるチーム」に何とか入ることもでき、本人も水泳の授業に抵抗を感じることもなく過ごすことができたのは大きな収穫だと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

基礎的な体力がついた

元々喘息もちだった息子ですが、主治医も水泳をすることは喘息に良いとすすめてくれました。

 

その結果、水泳などスポーツのお稽古を始めて、めっきり喘息発作を起こすことが少なくなりました。心肺能力が強化された結果かもしれません。

 

今でも、季節の変わり目や風邪をひいたときなど、喘息の心配が全くないとは言い切れませんが、喘息の心配をしながら生活をしたり、子供の行動を制限することが少なくなったのは、水泳のおかげだと思っています。

 

息子自身も、勝敗や結果にこだわることもあまりないのは、親として残念なところではありますが、水陸両用で体を動かすことが好きな子になりました。

 

 

水泳を知ると、万が一の時に自分の身を護る可能性も高まる

運動が得意ではなかった子供時代を送った私としては、下手でも基本的な体の使い方を知っていることで、体を使った遊びや体育の授業も躊躇なく取り組めている息子は少しうらやましいと思います。

 

昔と違って、子供に様々な体験をさせたいと思っても、自然に体得できる環境が少なくなった現代では、こうした水泳教室などで水に触れ、正しく泳ぐという経験は大切です。

 

水の中で身体を動かす術を知っておくと、万が一、水の事故に合ったと時に自分の身を護る可能性も高まるのです。

 

サッカーや塾、合わせて水泳と多忙になってきた小学校4年生の時に、地元の水泳教室が閉館してしまったので、水泳は辞めてしまいましたが、小学校の授業では「泳げなくて困った」という言葉を聞かずに済むことができ、良かったと思っています。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー