子育てのお役立ち情報を配信中!

子供に家事手伝いして貰うコツとは?しない時の裏技も伝授!

ここ数年、「イクメン」や「カジメン」などの造語が増えてきていますよね。ご存知の通り、「イクメン」は育児参加する男性。

 

スポンサードリンク

 

「カジメン」は家事を積極的に手伝う男性の事。

 

どちらも、私たち子どもを育てている母親としては、父親が家事や育児参加してくれることはとてもありがたいので、マスコミに便乗して「手伝ってよ」と言ってしまいがちです。

 

そして、求めすぎて「なぜできない……?」とケンカになる事も少なくありません。

 

 

「お手伝い」は男女ともに必要

つい最近、小学校の保護者会で「女の子なんだから、手伝って……と言ってしまう」と言うお友達ママと会いました。

 

悩んでいる感じもするけど、「男の子だから言わないでしょ?」的な感じにも受け取れて、何と返していいのか少し迷いました。

 

「育児されている側」である高学年の子ども達を持つ親として、「育児はこうするもの」と教えていく事ができるほど、まだ育児スキルは持っていません(汗)。

 

でも、「家の事はこうするんだよ」と教える事は、少しずつでもできると思います。

 

「家事」は、女の子でも男の子でも、いずれ独立した時に自分がしなければならない事です。「カジメン」と呼ばれるために、家事全般をできるようにするわけではないですよね。

 

 

「手伝って」って言うと嫌そうにする子どもの気持ち

自分が子どもだった頃を思い出すと胸が痛むのですが、親に「手伝って!」って言われると、とても面倒くさそうに「え~~?」って答えていた記憶があります。

 

でも、今育児をしながら家事をしていると、当時の母と同じように「手伝って!」と言っている自分がいます。

 

もちろん、同じ遺伝子を持つせいなのか、子どもの返事は「え~~?」。

 

そのやり取りを見て、私の母は笑っています。「繰り返すっていうけど、ホントね」と。

 

くうぅっ……と悔しく思う事もありますが(笑)、過去に「え~~?」と言っていた自分は、子どもの頃の気持ちを覚えています。

 

学校に行って気も頭も使って、帰ってきたら宿題をして、習い事にも行く。時間がある日にだけお友達と遊べるけど、ふと考えると「自分の好きな事をやる時間」がない……。

 

 

マンガだって読みたい。

ゲームだって時間制限なくやってみたい。

何より、のんびりしていたい……。

 

 

忙しい子ども時代の中で、やりたいことがたくさんあるからこそ、子どもだって「自分でできるんだからやってよ」って思うんだと思います。

 

それが「え~~?」っていう言葉に現れちゃうのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

上手に手伝ってもらっちゃおう!

それでも、子どもは言われれば嫌々ながらも手伝おうとします。だけど、せっかく手伝ってくれるなら、親も子も気分よく家事をしたいですよね。

 

怒りながらでもなく、嫌々でもなく。

 

一見難しい事のようにも思えますが、子どもが通う小学校では、毎年必ず夏休みの宿題に「家の事を手伝う~何をしましたか?」という表を作成します。

 

「何を手伝うか?」という項目は、子ども自身に学校で書かせます。授業中に、あれこれ子どもなりに考えてくるのでしょう。

 

……が、子どもの書いてくる内容は、毎年「言われたことをする」です(汗)。

 

確かに、

 

 

「お茶碗、運んでくれる?」

「ほら、ご飯だからお箸出して」

「洗濯物取り込むの手伝って」

「お買い物行くから一緒に来て」

「お風呂洗ってね」

 

 

と、普段から言っている私。これらは全て、「お手伝い」になりそうですよね。

 

でも、子どもが高学年になった時、遅ればせながら包丁や火を使う「調理」を手伝わせることにしました。もちろん、親が見ている前で、期間限定ですが……。

 

普段してくれているお手伝いとは違い、「料理をする」=「生きるための仕事」となる調理。初めは心臓に悪くて見ていられない野菜の切り方も、ニンジンなどの固いものではなく、トマトやナスでした。

 

夏の宿題なので、夏野菜から始めたんです。

 

調理方法を教えて手伝わせながら、「野菜の旬」について話したり、どういう味付けがその野菜に合うのかなど、いろいろ話しながらです。

 

少しずつできるようになってきた頃、6年生最後の夏休みの家庭科の宿題として、「一食、家族にプレゼントする」というものが出ました。

 

お手伝いをしていなかったら、たぶん親も子もケンカしながら宿題に追われていたと思います。

 

息子が一人で野菜を洗う所から始めて、それぞれの野菜に適した切り方をして、不安半分で火を使って調理して完成したものは、ナポリタン。

 

「どう?美味しい?がんばったんだよ?」

 

そう聞かれるたびに、「うん、美味しいよ」「がんばったね」って褒めてあげると、どんどん会話も広がりました。

 

今、洗濯はほとんどの作業を洗濯機がしてくれるし、掃除は掃除機がしますよね。そう考えると、調理は自分がしなければ、買ってくるしかありません。

 

危険も伴うので目は離せませんが、子どもにとって一番自信がつくお手伝いだと思います。子どもが初めて作ってくれた料理の味は、親として一生忘れられないでしょう。

 

 

それでもやってくれなかったら…?

いろいろ理由をつけて、お手伝いをしてくれないという子どももいます。こちらが忙しかったり疲れている時に手伝ってくれないと、イライラしますよね。

 

そういう時は、手を抜きます。「あれ?いつもやってくれてるのに……」と思わせましょう。

 

「やってもらって当たり前」ではなく、これから大人になって、自分ができないと困る事を教えるのも、育児のひとつだと思います。

 

つい、自分がやってしまった方が早いからと動いてしまいますが、そこはぐっと我慢。「できないと困るよ?」と言いながら、放置です。

 

それでもできなかったら、全てやってあげるのではなく、少しずつ親がやる事を減らしていく。大丈夫、子どもは意外と、いろいろな事が自分でできます。

 

親としての忍耐力も必要になりますが、お手伝いを通してできる事が増えるように、サポートしてあげたいですね。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー