子育てのお役立ち情報を配信中!

子供の栄養たっぷり朝ごはんを簡単に用意する秘訣!我が家のレシピも紹介!

子供が小学校に通い始めると、幼稚園よりも登校時間が早くなりますよね。そのため、朝ごはん作りに手間暇をかけている時間がない!という親も多いのではないでしょうか。

 

我が家の娘たちは、朝7時に朝ごはんを食べ始めますが、私が、朝ごはん作りにかける時間はわずか10分足らず…。

 

それでも、栄養面を考えて野菜は多め、子供達が飽きないようにバラエティに富んだ朝ごはん作りを考えています。そんな朝ごはんを作る私なりのアイディアを、ご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

キッチンはすっかり片付いた状態で朝を迎えましょう

朝、すぐ作業に取り掛かれるように、キッチンはすっきり片付けてから寝ます。

 

起きてから前夜の片付けが残っていると、朝の作業が増えてしまいますね。

 

また、キッチンに余計な物があることは、作業をスムーズに進めることを妨げます。

 

普段から、使い易い収納を考えたキッチン作りをしておくことで、効率良く作業が出来ます。朝ごはんの支度も、短い時間で済ませることが出来ます。

 

 

 

夜のうちに下ごしらえを済ませましょう

 

  • 煮物やスープなら、前日のうちに作っておきます。朝は温めるだけで、栄養も豊富な朝ごはんになります。
  • 卵焼きは、卵を溶いて味を付け、タッパーに入れておきます。朝は焼くだけなので簡単です。
  • 生野菜サラダは夜のうちに切って、お皿に盛りつけて冷蔵庫で冷やしておきます。
  • 和え物は野菜を茹でるまでを済ませておけば、朝は味を付けておかずに添えることが出来ます。
  • うどんは夜につゆを作り、そこに蒸しうどんを入れておきます。朝に火を付けると、味の浸み込んだ柔らかいうどんが出来ます。

 

このように、夜のうちに出来ることを済ませておけば、朝は手間をかけずに、野菜が豊富な朝ごはんを用意することができる、私なりの工夫です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

+1品で栄養面もバッチリ!おすすめ野菜スープ

下に小さな赤ちゃんがいて夜は早く寝たい、仕事をしているため夜もゆっくりしたい、そんな方は、市販のパンや、ご飯にふりかけという簡単な朝ごはんで済ませたいですよね。

 

その場合、野菜スープ1品を作っておくのはいかがでしょう。

 

簡単な朝ごはんに、温かいスープを1品添えるだけで、しっかりと栄養をとることが出来ます。朝に、温かく消化の良いスープを食べることは、お腹にも優しいのでおすすめです。

 

【簡単★我が家の特製野菜スープレシピ】

  1. 野菜類とお肉を小さめに切って、お鍋に入れます。
  2. 火にかけて30分以上、コトコト煮ます。
  3. 塩・こしょう・顆粒だし又はコンソメで味を整えれば出来上がり!

 

玉ネギ・人参・じゃが芋・かぶ・大根・白菜・キャベツ・きのこなど、どんな野菜類でも良いですし、野菜の皮など、通常捨てる部分であれば、節約にもなります!

 

お肉は豚肉・鶏肉…何でも良いです。入れることで出汁が出て美味しくなります。

 

いつも同じ味だと飽きるので、オールスパイスを加えてパンチを効かせる、ケチャップでミネストローネ風、カレー粉や牛乳等でお好みに応用ができます。

 

ポイント・・・セロリをほんの少しだけ入れてみてください。ぐっと本格的な味になります!

 

 

 

朝ご飯は、体と心と頭の栄養

いくら朝が苦手…と言っても、子供にとって朝ごはんはとても大切!必ず、きちんと食べる習慣を付けてあげたいですね。

 

以前、栄養管理士さんの講演を聞く機会がありました。

 

朝に『ごはん』と『温かいスープ(お味噌汁)』をお腹に入れることで、脳は午前中いっぱい、しっかりと活動するとのお話しでした。

 

子供は午前中こそが大切な活動の時間。そのために、少しだけ頑張って、しっかりとした朝ごはんを作ってあげましょう!

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー