子育てのお役立ち情報を配信中!

子供の好き嫌いを克服して治すには?失敗しない方法や工夫を伝授!

野菜嫌い!魚嫌い!と、子供の好き嫌いに悩んでいる親は、とても多いと思います。

 

スポンサードリンク

 

実は、私自身がとても好き嫌いの多い子供でした。小学校の給食でも、困った思いをした経験が記憶に残っています。

 

そんな私に対して母がどう躾けたのか、そして、我が家の娘たち2人は、ほとんど好き嫌いなく、育っているその理由を、私の実体験を踏まえてお話ししたいと思います。

 

 

無理に食べさせては逆効果

嫌いな物を、無理に食べさせようと頑張る親や学校の先生は、「一口だけでも食べよう!」と子供を説得しますね。

 

嫌いな物が多かった私には、その一口がとても辛い…という、子供の気持ちがよくわかります。嫌いな物は、喉を通らないのです。

 

飲み込もうとすると、喉の奥から気持ちの悪さが込み上げて来るのです。

 

食べず嫌いな場合もあるかもしれませんが、食べて「美味しくない」と感じる物を、無理に食べさせることは、好きになるどころか、ますます嫌いになってしまう可能性があります。

 

 

嫌いでも…克服のためにすべき事

我が家の娘たちも、過去に「〇〇好きじゃない!」「〇〇、美味しくない」「食べたくない」「嫌い!」と言ったことは、何度かあります。

 

その時に私が意識した事は…

 

 

  • 嫌いでも、形を崩さず(ミキサーにかける等しない)食卓に出し続けました。
  • 嫌だと言ったら無理に食べさせず、「残して良いよ」と言いました。

 

 

その時に、「まぁ!こんなに美味しいもの残すの?!頂戴ね~」「勿体ないね!美味しいのにね」等と言って、私が貰って食べました。

 

実は、これは好き嫌いの多かった子供の頃の私に対する、母の対処法だったのです。

 

それが功を制してか、今現在は2人の娘たちに好き嫌いはほとんどありません。

 

スポンサードリンク

 

 

 

上手に食べさせるコツ

嫌いだからと言ってミキサーにかけてしまうと、その物自体を味わうことができません。いくらお腹に入れたからと言っても、味わわないのであれば克服したとは言えないでしょう。

 

嫌いを克服するには、その物の“味”や“食感”に対する子供の意識を変えることが必要です。

 

形を崩さず食卓に出し、家族が美味しそうに食べている姿を見て、ある日「ちょっと食べてみようかな」「本当は美味しいのかもしれない」との考え方に繋がる可能性があります。

 

また私の話になりますが、ブロッコリーが嫌いだった私に、母が言いました。

 

「ちょっと食べてみてごらん!ブロッコリーって、キャベツと同じ味がするんだよ。キャベツ、好きでしょう?」

 

そう言われてブロッコリーを口に入れ、よくよく味わってみると…、全く嫌いな味ではなかったのです。その日から、私の嫌いな野菜がひとつ減りました。

 

また別の日には、ピーマンが嫌いな私に出された、ピーマンと豚肉の炒め物。母は、「ピーマンだけだと苦いから、お肉と一緒に口に入れてごらん。

 

ピーマンの味が美味しく感じるよ!」と。その日から、私の嫌いな野菜が、またひとつ減ったのです。

 

今では、私の嫌いな物はほとんどなくなりました。

 

 

絶対に、してはいけない事

今日の夕飯は子供の嫌いなメニュー…そう決めたのであれば、子供には同じ物を用意しましょう。

 

子供だけ、特別なメニューにしてはいけません。特別扱いをすることは、好き嫌いを認めていることになります。

 

用意されたごはんを一生懸命食べることは、作った人や、素材の命、生産者の努力に感謝することでもあります。

 

例え嫌いで残してしまっても、「いただきます」「ごちそうさま」をきちんと言う、そしてその言葉の意味をしっかり理解することは大切です。

 

好き嫌いは無いに越したことは無い

小学生になると、給食が始まりますね。そこで嫌いな物が多いと、食べられる物がほとんどない!という日があるかもしれません。

 

また、大人になってからは、人と食事をする機会も多く、恥ずかしい思いをする事になります。栄養的な面からも、好き嫌いは無いに越したことはありません。

 

早いうちから、無理強いせずに、上手な方法で徐々に好き嫌いを克服できるように、考えて行けるといいですね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー