子育てのお役立ち情報を配信中!

子供の言葉遣いが気になる!幼稚園児の悪い言葉を直す方法とは?

子供が幼稚園へ通い出すと、お友達の間で使われている言葉をすぐに覚えてきます。

 

スポンサードリンク

 

“悪い言葉遣い”をするようになる子供もいますよね。そういった時、親としてどう対処したら良いのでしょうか。

 

同じ経験をした私の考えを、お話ししたいと思います。

 

 

覚えてくるのは、“悪い言葉”だけではありません

子供は親の言葉を聞いて育ちます。しかし、幼稚園へ通い出すと、外からも言葉を覚えて来るようになります。

 

親はついつい、“悪い言葉”だけが耳に触るようになりますが、子供が覚えてくるのは悪い言葉だけではありません。

 

新しく覚える言葉には、良い言葉もあります。ですから、悪い言葉だけが増えたと考えず、色々な言葉を覚えて来たのだと、大らかな気持ちで向き合いましょう。

 

 

悪い言葉である事を教えましょう

子供自身、悪い言葉だと自覚せずに使っている事が多いと思います。だからと言って、放っておくのは良くありません。

 

「馬鹿!」「うるせー!」「〇〇しろ」等という言葉は非常に乱暴です。嫌な気持ちになります。

 

家で子供が口にした時に、同じように言い返してみてください。子供自身、嫌な気持ちになるはずです。

 

「今、言われて嫌な気持ちになった?ママも同じだよ。だから、使わないで欲しいな」と、悪い言葉を使ったのだと自覚させましょう。

 

 

根気よく、理由も付けて、繰り返し伝えましょう

一度で直す事は難しいと思います。幼稚園へ行くと、何度も耳にする言葉でしたら尚更です。子供が口にする度、何度も何度も、繰り返し“悪い言葉”である事を伝えましょう。

 

真剣な表情で「ダメなのだ」という気持ちを込めて伝えることで、徐々に理解してくると思います。どうしてダメなのか、理由もきちんと付け加える事で、子供も理解しやすくなりますね。

 

我が家の娘たちも、幼稚園に通っている時は、すごく悪い言葉を沢山覚えてきました。

 

しかし繰り返し伝える事で、いけない言葉なのだと理解するようになり、今では、友達が「〇〇って言っていたんだよ!」「すぐ〇○って言うんだよ~」と、友達の言葉遣いの悪さにも気が付くようになりました。

 

注意せずに放っておくと、悪い言葉であると気づかないまま、当たり前のように使う子供になってしまう可能性が高いと考えられます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

本当に嫌な言葉、許せる言葉

私が子供の頃、父親から「〇〇じゃん!」「腹立つ!」という言葉遣いを注意された事を覚えています。

 

今思えば、その当時にテレビや友達の間で流行っていた言葉だったのでしょう。しかし、今は普通の言葉として使っている大人も多いですよね。

 

また、数年前に流行した「めっちゃ」(とても)、「うち」(私)という言葉は、今では幼稚園や学校の先生(特に若い先生)までもが使っています。

 

私は、先生はもちろん、子供が使うことに対し、非常に不快感を覚えましたが、今は許せる範囲なのかなと考えるようになりました。

 

言葉遣いはテレビの影響も大きく、時代の流れで規制が難しいと感じています。

 

ですから、本当に悪い言葉、嫌な言葉だけを真剣に注意し、その他は成長と共に敬語を覚えて行けば自分で直せるであろう、そう思っています。

 

 

根底にあるのは、親の言葉遣いです

私は仕事柄、幼児から中学生までの子供たちと接します。

 

幼児は流行語を面白がって使い、小学生は学年が上がるにつれて悪い言葉・良い言葉を理解して上手に使い分け、中学生になると、どの子も敬語を使うようになります。

 

言葉は周囲の影響が非常に大きいのです。年相応に、みんなが同じような段階を踏んで言葉を成長させて行きます。

 

その根底には、家庭での親の言葉遣いがあることを忘れてはいけません。

 

子供は親をよく見ています。親の言葉遣いが自然と子供の言葉遣いとなります。

 

親自身が丁寧な言葉遣いをしていれば、今は悪い子供の言葉遣いも次第に良くなる、そう自信を持ちましょう!

 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー